メルマガバックナンバー

海外で働く日本人(和僑)を応援する「和僑ニュース」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【Wakyo News】━━━

       海外で働く日本人(和僑)を応援する『和僑ニュース』 2010/2/24 (第65号) 読者数: 1813名

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【和僑会の使命】 海外で起業する人、起業家を目指す人、企業のリーダーを目指す人、総ての『和僑』の人達の
            育成と支援に尽くす。また、世界の様々な中小企業との交流により和僑メンバーの事業発展に
           貢献するものである。     

【和僑会の理念】 1.和をもって貴しとなす。思いやりを持って人に接する。
           2.共存共栄、相互扶助。
            3.地域社会への貢献。

 当メールマガジンは「海外で働く日本人(和僑)を応援する」をテーマに毎週1回配信しております。
 ご登録は簡単ですので是非ともお知り合いの方々におすすめ下さい。 

 尚、登録・変更・解除・バックナンバーについては下記をご覧下さい。
 http://www.jbn.com.hk/mmagazine.htm

===============================================

◇本日のメニュー◇

【1】 和僑による和僑のための「武士道」  第5回 金城 和光氏(沖縄和僑会 代表幹事)

【2】 (株)あきない総合研究所より、「起業・独立サポートkatanaサービス」のご案内

【3】 連載コーナー  

 (1)香港発! 楊さちこのいつでもどこでも気軽に出来る美容・健康法
           第47回【元気のための呼吸法】  

【4】 セミナー・イベント情報

<中国>
  (1)日本語学習者のための合同就職説明会(2010年広州)のご案内

<香港>
  (1)香港和僑会より、「ビジネス展示商談会」のご案内【New!】
  (2)「長崎フェア」のご案内【New!】
  (3)第58回香港和僑会のご案内
 (4)日本語学習者のための合同就職説明会(2010年香港)のご案内
  (5)4月3日開講 「日本人のための中国語」 土曜午後クラス塾生募集のご案内

<タイ>
  (1)タイ王国和僑会講演会のご案内

【5】 編集後記

------------------------------------------------------------------------------------------------


【1】 和僑による和僑のための「武士道」  第5回 金城 和光氏(沖縄和僑会 代表幹事)

皆さん、こんにちは。東京和僑会の小池です。
世界を目指す和僑だからこそ武士道などの「和の精神」について理解を深めておくことは大切だと考え、
『和僑による和僑のための「武士道」』 というコーナーを毎月お届けしています。

===========================================================================
■企画の目的 : 
・和僑会会員が、日本の歴史や武士道について学ぶキッカケを作り、世界に誇れる
「和の精神」を抱けるようにする。
・ご活躍されている経営者の方に、和僑としてどのようなアイデンティティを持ち、
経営に挑んでいらっしゃるかをお話し頂き、和僑会会員の参考にしてもらう。
・また、経営のみならず、日常生活の道徳的規範にもなるようなお話も紹介する。
===========================================================================

今回は、今もっとも勢いのある和僑会の一つと言われている沖縄和僑会の代表幹事、金城和光様
((株)沖縄ヒューマンキャピタル 代表取締役)に お話をお聞きしました。
(以下、金=金城様、 小=小池)

小 : まず、これまでのご経歴や現在のお仕事について教えて頂けますか?
金 : 以前、私は沖縄振興開発金融公庫という所で融資を担当していましたが、沖縄は、沖縄以外から
    外貨(海外だけではなく、本土も含む)を稼げる企業が少なく、それを出来るようにしたいという思いがあり、
    私が公庫時代に融資を担当し、支援し続けていたベンチャー企業へ(全国向けの通販事業)、40歳の時に
    転職をしました。

    その後、44歳の時に、沖縄県の外郭団体である(財)沖縄県産業振興公社への転籍をきっかけにし、
    沖縄県や民間企業の出資により設立される「沖縄ベンチャー育成ファンド」の運営を担当することになりました。
    現在は、沖縄県唯一のベンチャーキャピタル(以下:VC)として、そのファンドの運営業務やベンチャー起業家の
    支援を行っています。今年からは、企業支援のみならず自らビジネスを立上げることも実践していきます。

小 : 沖縄のVCというのは珍しいですね。何か特徴はあるのでしょうか?
金 : やはり沖縄は、本土に比べて、企業も人材も産業も育っていませんので、それを打開できるようなビジネスを
    育てたいと思っています。

    沖縄県の産業振興(日本一安い県民所得、日本一高い失業率からの脱却)においては、3つポイントがあると
    思います。(地域の人が、地域で働ける社会を作りたいと思います。)


1.沖縄県に外貨を稼げるベンチャー企業を増やすこと。

アジアの成長市場に近い沖縄県で、日本の技術力のあるベンチャーを集積し海外進出を支援することです。
沖縄県の地元の企業は、小さな企業が多く、それだけで産業振興するには限界があります。そこで、本土の技術力の
あるベンチャー企業を沖縄で研究開発と製品化を支援し、アジアの市場への展開とアジアの市場へIPOできる企業を
1社でも多く創出していきたいと考えております。
現在、「沖縄ベンチャー育成ファンド」で出資し支援している企業7社のうち3社は、沖縄和僑会に所属しており、
そのうち1社は、アジアの市場でのIPOを視野に入れて活動をはじめております。
また、「水の浄化」「磁気によるゴミの炭化(エネルギーがいらない)」「生ゴミの飼料化」という分野で素晴らしい技術を
持った会社が沖縄にも存在し、既にその技術はベトナムや韓国へも進出しております。今後成長が期待できる
環境分野の企業も沖縄には存在します。


2.沖縄県のエネルギーの輸入を減らすこと。

※地産地消型経済モデル(農産物・加工品)、地域循環型の経済モデル(電気自動車、太陽光発電)など、
沖縄県の場合、石油・エネルギーの輸入が1000億円以上あり、風力・太陽光発電、自然エネルギーを活用した
経済・産業体系に変換することにより、将来、お金の流出を防ぐことができます。


3.海外から沖縄県を訪問する交流人口を増やすこと。

これは、観光に変わる新しい交流産業の推進です。香港やシンガポールなど、アジア各国が
MICE( Meeting、Insentive、Convention、Event)産業を伸ばそうとしています。
沖縄県は、年中スポーツのできる環境(沖縄県の強み)を活かしMICEの中でも、最後の‘E’(イベント+展示会)に
選択と集中すべきであると考えています。つまり、スポーツ(趣味)を中心とした交流産業の推進です。
スポーツイベント+展示会をセットに開催することです。
一つの事例として、昨年12月に開催された那覇マラソンは、2.5万人ほどが参加しました。これをアジアの
マラソン大会へ拡大する考えです。その翌日に、スポーツメーカーのマラソンに関連した展示会を開催するイメージです。

現在、沖縄県で開催されておるイベントとして、世界空手大会、各種マラソン大会、トライアストロン大会、車イスマラソン、
目の障害者のマラソン、自転車ロードレース、プロ野球キャンプ、プロバスケットリーグ(昨年度沖縄のプロチームが優勝)、
ゴルフ大会、マリンスポーツ(ビーチバレー、ビーチサッカー、ヨットレースなど)様々なスポーツイベントが開催されています。
これらのイベントをアジア大会へ昇格させ、展示会もからめ、リピ―ト客を増やしていく戦略が必要かと考えています。

小 : 和僑会との関わりはどういった経緯で生まれたのでしょうか?
金 : 去年の1月、香港貿易発展局の古田さんに東京でお会いする機会があったのですが、その時に、名古屋に
    いらっしゃった筒井会長を電話でご紹介頂きました。その1週間後に名古屋で筒井会長にお会いして、そして、
    その2週間後には、筒井会長、下地副会長に会いに香港に行きました。そして、去年の3月20日に、栗田さん
    ((株)インデックス沖縄 社長)や伊波さん((株)海邦総研 取締役)と共に、沖縄和僑会を立ち上げました。

    沖縄から見れば、東京に進出するのも大変なので、同じ大変な思いをするなら世界を相手に勝負をしよう!
    という想いで運営しています。


小 : それでは、金城さんが尊敬される歴史上の人物を教えて下さい。
金 : 二宮 金次郎(尊徳)と渋沢 栄一です。

小 : まず、二宮金次郎を選んだ理由を教えて下さい。
金 : 皆さんも、薪を背負いながら本を読んで歩く彼の銅像はご存知だと思いますが、勉強を大切にしただけではなく、
    勉強と行動を一致させている点が素晴らしいと思います。

彼は、14歳で父親を、17歳で母親を亡くし、その後は叔父の家で肩身の狭い思いをしながら暮らしていました。
昼間は仕事を手伝っていたため、夜は寝る間も惜しんで読書をしていたのですが、「ランプの油代がもったいない」と
叔父に叱られます。しかし、彼は諦めずに、荒地に菜種をまいて収穫した種を菜種油と交換し、それを燃やして
勉学を続けました。そして、伯父の農業経営を軌道に乗せ、19歳で独立し、地主経営を行いながら、小田原で
武家奉公人としても働きました。そして、奉公先でも活躍していくのですが、ビジネスと道徳の融和(金儲けだけではなく、
社会貢献を両立させるのが大切)を説いた「報徳思想」を広めます。


小 : 二宮金次郎が経営者としても有能だったというのは知りませんでした。
金 : 「二宮翁夜話」には、含蓄ある言葉が多く載っていますので読まれると良いですよ。

例えば、こんな言葉があります。
「近きを謀る者は、春植えて秋実る物をも、猶(なお)遠しとして植えず、
 ただ眼前の利に迷ふて、蒔かずして取り、植えずして刈取る事のみに眼をつく、故に貧窮す。」

遠い先の事まで考えられる人は、1年先のことも大事に出来る。
一方、眼前の利益だけしか考えられない人は、1年先のことも考えられないから、更に貧しくなる。
という意味で、長期的な視点でビジネスをするべきだと言っています。

二宮金次郎は、農村開発の前に、心田開拓(農村で働く人の心の開発・教育)から着手したのですが、沖縄の
長期的な発展のために人材育成の必要性を感じている身として、強く共感するものがあります。


小 : それでは次に、渋沢 栄一を選んだ理由を教えて下さい。
金 : まず、大蔵官僚から民間になった点で、自身の経歴と共通する部分もあり、思想も大変尊敬しています。


彼の著書『論語と算盤』は多くの企業経営者が読んでいると思いますが、彼が幼少期に学んだ『論語』を拠り所に
倫理と利益の両立を掲げたもので、その思想は、二宮金次郎の「報徳思想」と同じです。また、経済を発展させ、
利益は独占するのではなく、国全体を豊かにする為に社会に還元するべきだ、と説き、彼自身もそれを実践しました。

500位の事業を立ち上げた日本の歴史に残る事業家でありながら、600位の社会貢献事業もしています。
しかも、同時期(明治初期)に活躍した、岩崎弥太郎などの財閥創始者とは異なり、「私利を追わず公益を図る」
との考えのもと、彼は財閥を作りませんでした。経営学の神様と言われたピーター・ドラッカーは、「率直に言って私は、
経営の『社会的責任』について論じた歴史的人物の中で、渋沢栄一の右に出るものを知らない。彼は、世界の誰よりも早く、
経営の本質は、『責任』にほかならないということを見抜いていた。」と語っています。


小 : 最後に和僑会メンバーへのメッセージをお願いします。
金 : 学びも実践も両方大切です。最初に、理念が弱いと自分の考えや行動がブレてしまいますので、自分の理念(哲学)も
    シッカリ持って頂きたいと思います。経営理念については、稲盛和夫氏の本もお勧めですが、稲盛さんも、渋沢栄一も、
    二宮金次郎も、最終的にはみな論語(孔子)の教えに遡ります。論語(孔子)について学んでおく事もお勧めです。
    しかし、ただ学ぶだけでは困ります。真の学びとは、「学んだことを、成功する(成果がでる)までやり続けること」 
    (知行合一)の考えが、大切であると思います。それを「実学」ともいいます。

最後に、私の好きな言葉です。
『成功』とは、自分の人生の目的を知り、能力を発揮する為に成長し、人のためになる種をまくことです。
皆様のご成功を心からお祈り申し上げます。

~~~あとがき~~~
先日、武沢先生もメルマガで沖縄和僑会を絶賛されていらっしゃいましたが、その理由が分かりました。
今年の11月25日、26日には沖縄で和僑大会が開催される予定ですので、是非皆さん駆けつけましょう!
金城さん、貴重なお話をありがとうございました!

*****************************************
有限会社ジャパンオンラインスクール
代表取締役 小池 慶
 Mail : info@j-os.com
世界初オンライン日本語学校
 http://www.j-os.com/indexJ.html
プロ日本語教師養成セミナー 
 http://www.j-os.com/trainingJT-J.html
ブログ : http://blog.livedoor.jp/japanonlineschool/
海外進出に興味がある経営者のお手伝いをする東京和僑会 : 
 http://www.tyo-wakyo.com/tyo-wakyo-toha.html
*****************************************

------------------------------------------------------------------------------------------------


【2】 (株)あきない総合研究所より、「起業・独立サポートkatanaサービス」のご案内


皆様、こんにちは。
(株)あきない総合研究所の中川と申します。

弊社は、日本で、起業支援、ベンチャー成長サポートに従事し
代表の吉田雅紀を中心に今期10期目を迎える会社です。

我々は、3年後のアジア進出を目指して、昨年11月末に新たな起業支援
プラットフォームを構築しましたので、皆様にご挨拶させていただくことになりました。

また、ご関心がありましたら、是非、会員登録(無料)いただき、
今後の展開をWATCHいただければ嬉しいです。

今回、皆様にご紹介するのは

起業・独立サポートkatanaサービス
http://www.katana.bz/

Samuraiベンチャーに刀を のコンセプトにて
起業、成長に必要なリソースを無償で、割引で賛同大手企業が起業家に提供します。

ヒト・モノ・カネ 全てにおいて支援するべく

katanaファンド http://www.katana.bz/fund/

Katanaオフィス(3月~渋谷にOPEN、現在、汐留・横浜・大阪にも別ブランドで実施)
http://www.katana.bz/office/

も今年リリースしました。

企業が起業家を創出、支援し、その起業家が企業を活性化させる循環構築を目指します。

上記、支援サービスを持って、アジア進出を計画中です。
その際には、是非、皆様との連携もお願いしたく掲載をお願いいたしました。

皆様の会員へご登録、もしくは、身近な起業家や起業を検討されている方へも
katanaをご紹介いただければ幸いです。現在、会員は6千名越えました。

Katana会員登録はこちらから
http://www.katana.bz/signin/

よろしくお願いいたします!

------------------------------------------------------------------------------------------------


【3】 連載コーナー



◆*――――――――――――――――――――――――――――――――*◆

    (1)香港発! 楊さちこのいつでもどこでも気軽に出来る美容・健康法

       第47回【元気のための呼吸法】  

◆*――――――――――――――――――――――――――――――――*◆

元気のための呼吸法。それは、【鼻呼吸】です。

口で呼吸すると、
乾燥した空気や冷たい空気がそのまま喉の粘膜を直撃します。
そればかりか、さまざまなウイルスが付着しやすくなります。

鼻呼吸ですと、外気の温度に関わらず、
鼻を通った空気が喉にたどり着いたときには、
体温に近い温度になります。

ですから、喉の粘膜にも、
肺にも負担がかかりにくくなります。

元気のためには、口呼吸より、
意識して鼻呼吸をする習慣を身につけましょう!

......... 。o○°..............................o○。.............................. o○ ...........

  楊さちこ Sachiko Yu

  。o○°「楊さちこプロフィール」o○ o。
  http://www.yo-sachiko.com/plofile.html

☆「楊さちこの美身求真 アジアンビューティスタイル」
  http://www.yo-sachiko.com

 ☆「アジアの美人はミロウミビョウ」@ぴあ
  http://www.pia.co.jp/mirou-mibyou/

 ★メルマガ「漢方美容で、365日ずっとキレイ」
  http://www.yo-sachiko.com/mail.html

......○。...............o○ o。................。o○°...............o○ o。...........


------------------------------------------------------------------------------------------------

【4】 セミナー・イベント情報


────────────────────────────────────
<中国>
────────────────────────────────────

 (1)日本語学習者のための合同就職説明会(2010年広州)のご案内
    ◇日時:3/7(日)12:00~
    ◇開催場所:中国広東省広州市 中山大學外国語学院
       ⇒ 詳細/申込:http://www.jbn.com.hk/scheduler/scheduler.cgi?mode=view&no=171


────────────────────────────────────
<香港>
────────────────────────────────────
 

  (1)香港和僑会より、「ビジネス展示商談会」のご案内【New!】
      当日は十数社が商品を展示致します。
      特に食品関係が多いので、食品を扱う企業の方に是非来て頂きたいと思います。
    ◇日時:3/26(金)14:00~18:00の間でご都合の良い時間にお越し下さい。
    ◇開催場所:和僑会オフィス
       ⇒ 詳細/申込:http://www.jbn.com.hk/scheduler/scheduler.cgi?mode=view&no=173


  (2)「長崎フェア」のご案内【New!】
    ◇日時:2/24(水)~3/2(火)10:00~22:00
    ◇開催場所:SOGO(CausewayBay)地下2階催事場
       ⇒ 詳細/申込:http://www.jbn.com.hk/scheduler/upfile/174-1.doc


(3)第58回香港和僑会のご案内
     次回の香港和僑会は(株)ドリームマーケティング 脇田勝利氏をお招き致します。
     脇田氏より『1時間で創る、売上向上の必勝パターン法則』というテーマでご講演頂く予定です。    
    ◇日時:3/19(金)19:00~22:00
    ◇開催場所:香港日本人倶楽部
       ⇒ 詳細/申込:http://www.wa-kyo.com/advance_name.asp?/549.html

  (4)日本語学習者のための合同就職説明会(2010年香港)のご案内
    ◇日時:3/14(日)10:00~16:00
    ◇開催場所:香港中文大学専業進修学院セントラル校 金鐘 美国銀行中心
       ⇒ 詳細/申込:http://www.jbn.com.hk/scheduler/upfile/167-1.jpg


  (5)4月3日開講 「日本人のための中国語」 土曜午後クラス塾生募集のご案内
    ※前号まで3月31日開講でご案内しておりましたが、正しくは4月3日の開講となります。 
    ◇日時:毎週土曜【午後クラス】13:00~15:00
    ◇開催場所:和僑会オフィス
        ⇒ 詳細/申込:http://www.sadajuku.com/
  
────────────────────────────────────
<タイ>
────────────────────────────────────
 
(1)タイ王国和僑会講演会のご案内

昨年10月の記念講演会に引き続き、『がんばれ社長!今日のポイント』の作者、武沢信行先生が
タイ王国和僑会のために再度来タイしてくださいます。また、今回は、武沢先生のご友人で、
「百式」で有名な田口元さんもゲストスピーカーとしてご参加くださいます。どうぞ奮ってご参加ください。
                           
テーマ:『現状を打破する戦略的顧客創造計画の立案とその行動計画づくり』勉強会
講演者:がんばれ社長! 武沢信行氏

   ◇日時:3/11(金)【勉強会】18:30~21:00 【懇親会】21:30~
   ◇開催場所:PERSONNEL CONSULTANT MANPOWER (THAILAND) CO., LTD.社会議室
      ⇒ 詳細/申込:http://www.jbn.com.hk/scheduler/upfile/169-1.doc


------------------------------------------------------------------------

【5】 編集後記

先週の土曜日に世界各地の和僑会事務局が集まり、『和僑会事務局会議』を開催致しました。
今回の会議では日本の中小企業を支援する素晴らしい提案がいくつも提案されました。

和僑会として日本の閉塞感を打ち破り、真の開国の志士として立ち上がり、本気で日本を
変えていきたいと思っています。

その為には日本ではまだほとんど知られていない”和僑”を広く知ってもらうために
このメルマガをもっと多くの人に読んで頂きたいと思っています。

つきましては今後もこのメルマガがもっと読みたくなる内容にしたいと思っていますので
引き続き皆様より様々なご意見をお待ちしております。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
  メールマガジン『和僑ニュース』
   【発行】Japan Business Network (HK) Co., Ltd. 
   【住所】Unit 605, 6/F., Nanyang Plaza, 57 Hung To Rd.,
       Kwun Tong, Kowloon, HK
   【TEL】(852) 3153-1400
   【FAX】(852) 3153-1499
   【ホームページ】http://www.jbn.com.hk/
   【E-mail】:info@jbn.com.hk

 当メールマガジンは「海外で働く日本人(和僑)を応援する」を
  テーマに毎週1回配信しております。
  よろしければ、お知り合いの方々にも是非おすすめ下さい。 

 登録、変更、解除、バックナンバーについては下記をご覧下さい。
  http://www.jbn.com.hk/mmagazine.htm
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽