メルマガバックナンバー

海外で働く日本人(和僑)を応援する「和僑ニュース」


------------------------------------------------------------------------------------------------

海外で働く日本人(和僑)を応援する『和僑ニュース』 2009/11/11 (第50号)読者数:1475名

------------------------------------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは海外で暮らす日本人及び海外とのビジネスを目指す方々を応援する
目的で様々な情報を提供しております。                          


◇本日のメニュー◇

【1】 創刊50号記念 アンケートに答えてプレゼントを当てよう!!

【2】 和僑による和僑のための「武士道」  第2回 和僑会 会長補佐 藤 修二氏

【3】 京浜多摩和僑会・海援隊21共同企画、休まず行けるビジネスツアーのご案内

【4】 『第5回中部和僑会』のご案内

【5】 香港発! 楊さちこのいつでもどこでも気軽に出来る美容・健康法
第32回【中医学的ごっくん健康法】 

【6】 オフショア投資コーディネイターが「そっと」教える金融リテラシー!
         第4回 【本日のテーマ】 債券投資は安全ですか?

【7】 『中国ビジネスに勝つ!中国人の心はこう掴む!』
    -----雅商コミュニケーション中国語講座-----
    ▼△▼△知って得する中国語フレーズ編 第3回▼△▼△

【8】 香港日本人商工会議所主催『日系ビジネス交流会』のご案内

【9】 深セン日本商工会事業生活支援部会主催による『日系中小企業リスク管理セミナー』開催のご案内

【10】 久保田塾のご案内

【11】 少人数制『日本人のための中国語・広東語クラス』のご案内

【12】 在香港総領事館より、新型インフルエンザに関する講演会のお知らせ

【13】 火間土(Ka Ma Do Japanese Restaurant)より、『長崎県フェアー』のご案内

【14】 イベント情報
  (1)第27回和僑昼の会のお知らせ
  (2)火間土(Ka Ma Do Japanese Restaurant)より、『長崎県フェアー』のご案内
  (3)第54回香港和僑会のお知らせ
  (4)《平原奈津子のプチ財テクセミナー》のご案内
  (5)『2009日系自動車部品調達販売展示会 at 広州モーターショウ』 開催のご案内
  (6)香港貿発局世界中小企業エキスポ

【15】 編集後記


------------------------------------------------------------------------------------------------

【1】 創刊50号記念 アンケートに答えてプレゼントを当てよう!!

和僑ニュース創刊50号を記念して、プレゼントをご用意させて頂きました。
インターネット上で3分程度で終わる簡単なアンケートにお答え頂き、
プレゼントをお選び下さい。
アンケートの応募期間及び当選発表等は、下記の通りです。
皆様のご応募お待ちしております!

プレゼントはこちらから
http://www.jbn.com.hk/scheduler/upfile/146-1.pdf

アンケートはこちらから
http://enq-maker.com/8mYtliK

◇アンケート応募期間:11/11(水)~11/30(月)

◇公開抽選日:12月4日(金)和僑昼の会にて

◇発表方法:12月9日(水)第54号のメルマガにて当選者のお名前を掲載させて頂きます。

◇プレゼントのお渡し方法:1、和僑オフィスにてお渡し
                 2、香港和僑会の講演会会場にてお渡し
                 3、ご郵送(但し、着払いとさせて頂きます。)


------------------------------------------------------------------------------------------------



【2】 和僑による和僑のための「武士道」  第2回 和僑会 会長補佐 藤 修二氏

皆さん、こんにちは。ジャパンオンラインスクール(東京和僑会)の小池です。
世界を目指す和僑だからこそ武士道などの「和の精神」について理解を深めておくことは大切だと考え、
『和僑による和僑のための「武士道」』 というコーナーを毎月お届けしています。

===========================================================================

■企画の目的 : 
・和僑会会員が、日本の歴史や武士道について学ぶキッカケを作り、
世界に誇れる「和の精神」を抱けるようにする。

・ご活躍されている経営の方に、和僑としてどのようなアイデンティティを持ち、
経営に挑んでいらっしゃるかをお話し頂き、和僑会会員の参考にしてもらう。

・また、経営のみならず、日常生活の道徳的規範にもなるようなお話も紹介する。

■インタビュー項目(候補)

Q1 :  好きな歴史上の人物はどなたですか? またその理由もお聞かせ下さい。 
Q2 :  歴史や日本文化を知っておくと、和僑としての経営に役立ちますか?
Q3 :  若手経営者へのメッセージ

===========================================================================

今回は、和僑会の中にもファンが多いという 株式会社BAF 代表取締役
(香港和僑会 会長補佐) 藤(とう) 修二 様に お話をお聞きしてきました。

(以下、藤:藤様、小:小池)

小 : 藤さん、本日は宜しくお願いします。
藤さんのお名前は色々な方から伺っており、今日のインタビューを楽しみにしておりました。

藤 : ひょんな事から受けてしまいましたが、私は口下手で、いつも人前でのスピーチはお断わり
しているので、お手柔らかにお願いします。

小 : まず、起業されたキッカケと現在のお仕事について教えて頂けますか?
藤 : 起業しようと思ったのはアメリカ西海岸に居た学生時代です。
ちょうどアップルが誕生した頃で、そこで、アントレプレナーシップに刺激を受け、
卒業したら、自分で会社を興すと決め、社名もその頃に決めていました。
卒業後は、日本に戻って4年間ほど、将来の起業に役立つ仕事を色々覚えたいと考え
商社で働かせて頂きました。
1986年に29歳で独立しましたが、東京(笹塚)の小さなマンションの一室で
生まれたてのマックと2人3脚でスタートしました。
その時は何をやろうか迷っていましたが、以前、香港への輸出担当をしていた
「リサイクル事業」を一旦離れ、世界中が「中国」に関心を持ち始めた頃で、
紹介された多国籍のアントレプレナー達と「中国でベンチャーをやる」という
大枠が決まりました。

結果は苦労を重ねた5年で合弁事業に失敗。以前おつきあい頂いていた方々からの
応援により、プラスチックリサイクル事業で再起することができました。
その後、中国人の家内と結婚、子育てや中国での再起を考え、2000年に家族と
一緒に香港に移住、事務所を開き、 2004年に広州に事務所を、2007年には
コンパウンド工場を作って、現在に至る、という感じです。 


小 : このインタビューでは歴史や武士道をキーワードにしているのですが、
藤さんは歴史はお好きですか? また、好きな歴史上の人物はいらっしゃいますか?

藤 : 戦国時代や幕末の歴史が好きです。 私の性格に一番合っているのが徳川家康です。
15年ほど前に、山岡荘八さんの長編小説(26巻)も通勤時間を利用しながら読み耽りました。
徳川家康は、戦乱の世を終わらせ平和な世の中にしなければという大きな志を実現させた
有り難い武士だと思います。
最近は中国にも忍耐強い家康ファンが増えているようですが、良いことだと思います。


小 : 香港和僑会の高橋さんから、藤さんは坂本龍馬の大ファンだともお聞きしましたが、
龍馬を好きになったキッカケを教えて頂けますか?

藤 : 龍馬ファンになったのは、同じく15年程前に司馬遼太郎の「竜馬が行く」を読んでからです。
孫正義さんが「竜馬が行く」を愛読されていると聞いて読んだのがキッカケでした。

小 : 実は私もこのインタビューに先立ち「竜馬が行く」を読み始めたのですがハマッてしまいました。
藤さんは、龍馬のどんな点がお好きですか?

藤 : なんと言うか、龍馬は人間味がある暖かいヒーローなんですよね。
身近に感じられるヒーローと言いますか。  
龍馬のほかにも、ビートルズのジョンレノンやアップルのスティーブンジョブズも好きなんですが、
「自分一人でも世界を変えていこう!」と真剣に考え行動する馬鹿げた人たちに惹かれます。


小 : 龍馬と言えば、「既存の枠に捉われない自由な発想を持っている人」というイメージがありますが、
藤さんも、経営者として、そういった点は意識していらっしゃいますか?

藤 : もちろんです。一方、澁沢栄一翁が書いた「論語と算盤」の考え方を経営の基本にしています。
龍馬も亀山社中という会社を起業しましたが、「士魂商才」というような発想は大切だと思います。
中国の「陰」と「陽」の太極の思想のように、相反するようなものも、物事の両面性を見ると
ひとつにまとまることができると思います。 形にとらわれない見方です。

小 : ジョンレノンやスティーブンジョブズの名前も挙がりましたが、藤さんにとって、
(龍馬を含めた)この3人はどのような存在ですか?

藤 : 3人とも、大義があり、屈することなく大きな夢や理想を追い求めた人達だと思います。
彼らの魂はやはりサムライと同じです。そういった意味では、武士道とアントレプレナーシップという
言葉には、共通する点は多いと思います。 「義」、正義や義理がとても大事です。
(ジョブズ)のアップル社では、「Think Different」や「Journey is the reward」という社員達の想いが
浸透していますが、そういう会社の文化にも惹かれます。


小 : 私も大学時代に留学をした際に「人と同じである必要が無い」と強く実感したのを思い出しました。
でも、こういったスローガンって、受け取る側が素直に聞けないとスンナリと頭に入って来ないと
思うのですが、いかがでしょうか?

藤 : そうですね。同じ言葉を言っても、伝わるのはほんの一握りだったりしますね。
でも、そうやって伝わった人には、 その言葉が強く心にきざまれるのだと思います。
ジョブズは『自分の心と直感を信じる勇気を持とう。』と言っています。勇気が無いと
自分の決断を信じられないと思います。まず自分の思いを信じる勇気が大事なんだと思います。
家内には「あなたは本当に変わっている。100人中99人が右に行くのに、あなたは左に行くわね」と
しょっちゅう言われていますが(笑)、たとえ変人と言われても、自分の思いを信じて生きたいですね。

小 : 私も最近になってようやく「変わっているね」という言葉が、褒め言葉に思えるようになりました(笑)。
ただ、一方では、単に「人と違う」だけでは、世の中のニーズを掴むのが難しくなってしまうという
マイナス面もあると思うのですがいかがでしょうか?

藤 : 確かに、単に「異端児」であるだけではビジネスの成功は難しいと思いますが、
私が尊敬する3人は見事に結果も残しています。時代を革命しているので、当時は変人だと
思われたのかも知れませんが、彼らがやったこと、作ったモノや考え方が、今の時代の
スタンダードになっていますよね。やはり、風を感じ時代の先を見る力があったんだと思います。


小 :「先見の明」があったということですね。
何かそのために、藤さんが気をつけていらっしゃる点はありますか?

藤 :はい。そのためには、やはり「学ぶ姿勢」が重要だと思います。
菅原道真の時代から「和魂漢才」という中国に学ぶ姿勢がありました。
武士道でも「文武両道」と「文」も重視され四書五経を学んでいました。
歴史や古典を学ぶことで、未来を見る目が備わってゆくと思います。


小 :歴史や古典を勉強したことは、藤さんのこれまでの経営に役立ちましたか?
藤 :もちろん、ありとあらゆる面で役立っていると思います。リーダーシップや決断力という面では
特にそうですね。私は、周囲に発破をかけたり、鼓舞したりするのは得意ではありませんので、
竜馬のように、周りを仲間と思い、主張をし過ぎず、おれるべき時は折れ引くべき時は引く、
という姿勢も参考にしています。


小 : 最後に若手経営者へのメッセージをお願いします。
藤 : 創業間もない経営者は、トップとしての意識が薄いわけですから、間違いを犯し易いと思います。
天を敬うような真摯な考え方を持ち、四書五経とは言いませんが、常に学び、みんなから教わる姿勢を
持ち続けて欲しいと思います。あとは、 本当に単純な話ですが、武士道も根本にあるのは、
殿様や親を大切にし、 子供を大切に育てる。 「まず家族ために喜んで働く」ということです。
そして、右肩上がりの事業計画を立てるよりも、「世のため人の為になるんだ」というような想いで
日々仕事を続けてゆくことの方が、事業を継続させることができるのではないかと思います。
起業家は自分の中に「大義」があれば、国や地域という枠を超えて活躍出来ると思いますし、
私達和僑が他人への思いやりを持って願い続ければ、必ず
「和して同せず」「共存共栄」の精神のもと、世界がひとつに向かうことができると信じています。
オバマ大統領のWE CAN CHAGE (if you want it) の呼びかけを信じて欲しいと思います。


~~~感想~~~

インタビューの中で、藤さんからは上記の他にも幾つかの格言をご紹介頂きましたので、
2つほどお伝えします。

『世の人は何とも言わば云え、我が為すことは我のみぞ知る。』 by坂本龍馬
 世間の人たちになんと言われようが構わない。
自分が志し、目標とするものは自分だけが知っているのだ。
『IMAGINE ? above us only sky...』 by ジョンレノン
 みんなの上にあるのは、国境ではなく空だけ。

藤さんは、現在、東京の他に、香港・広州へ進出されていらっしゃいますが、
これから博多やサンフランシスコへの進出も計画していらっしゃいます。
正に、この2つの格言を自らが信じ、実行されているのだと感じました。
藤さん、貴重なお話をありがとうございました!

*****************************************

有限会社ジャパンオンラインスクール 代表取締役 小池 慶
Mail : info@j-os.com

世界初オンライン日本語学校 http://www.j-os.com/indexJ.html
プロ日本語教師養成セミナー http://www.j-os.com/trainingJT-J.html
ブログ : http://blog.livedoor.jp/japanonlineschool/
海外進出に興味がある経営者のお手伝いをする東京和僑会 : 
http://www.tyo-wakyo.com/tyo-wakyo-toha.html

*****************************************


------------------------------------------------------------------------------------------------



【3】 京浜多摩和僑会・海援隊21共同企画、休まず行けるビジネスツアーのご案内

仕事になるビジネスツアー、成長中国、我が社の未来!
注目:中国東莞で金型企業を中心に組み立てられる工場団地プロジェクト!

☆中国・グローバルマーケットを貴社に繋げる視察ツアー募集☆

深センテクノセンターで95%以上の企業を成功に導いた実績で貴社をサポートします。
現地で活躍する和僑(華僑を模範とした日本人関係者の互助組織)が責任をもって、
多様な業種の多様なニーズに合わせてビジネスコーディネートを行います。
後々まで貴社のビジネスをサポートするネットワークづくりが可能です!

1.旅行期間:2009年12月4日(金)20時30分羽田発~7日(月)5時45分
(出発日夜20時30分羽田発~到着日朝5時45分羽田着便利用)
(ツアー日程終了後1日延泊可(自由行動)追加料金12,000円)
2.定員:20名(最少催行人員10名)
3.旅行代金:140,000円
4.申込締切:11月13日(金)
5.企画:京浜多摩和僑会・海援隊21 協力:和僑会(香港等)    
  旅行取扱:(株)I.T.Iインターナショナルトラベル
  後援:NPO法人アジア金型産業フォーラム・NPO法人アジア起業家村推進機構

⇒ 詳細/申込:http://www.kaientai21.com/pdf/091214.doc


------------------------------------------------------------------------------------------------


【4】 『第5回中部和僑会』のご案内


我々を取り巻くビジネス環境はここ数年で根本的に大きく様変わりをしてきました。
様々な新技術に留まらず、環境又、価値観までもが変化を遂げています。
そんな中、それぞれが身をおく「ビジネス」の2010年の展望を含めた上
できちんとした正しい「計画」をたて、それを一つ一つ実現させていくことが、今後
激変する社会情勢の中で勝ち抜く、最も大切なアクションとなります。
そんな大切なスキルを今回はしっかりと学んで頂きます。

多くの経営者を御指導されてきたトップコンサルタントである武沢先生とともに
それぞれの「未来」を考えましょう!!
それでは、11月18日(水)、皆様に再び御会いできることを心より
楽しみに御待ち申し上げております。
是非、お知り合いの方も御誘い併せの上、御申込&御参加下さいませ。


◇テーマ:「2010年計画はこうして作ろう!」
◇講師:「中部和僑会」顧問である(有)がんばれ社長の武沢信行氏
◇日時:11月18日(水)19:00~
◇会場:名古屋市 中統ビル(8F:804)
◇会費:<会員様>2000円(*会員様の紹介者であれば初回のみ2000円)
     <一般参加>5000円

◇お申込:http://my.formman.com/form/pc/OZfIflPQCitxLL27/ 


------------------------------------------------------------------------------------------------


◆*――――――――――――――――――――――――――――――――*◆

   【5】 香港発! 楊さちこのいつでもどこでも気軽に出来る美容・健康法

第32回【中医学的ごっくん健康法】  

◆*――――――――――――――――――――――――――――――――*◆

唾液には、各種の消化酵素、栄養成分、抗体などが含まれていて、
胃腸の働きを促進するだけでなく、病気と闘う働きもあります。

中医学では、舌の下に出来る液体である唾液を飲むことにより、
腎を養うだけでなく、消化、抗ガン、抵抗力を高める、
つまり、健康で長生きできるといわれています。

【唾液腺刺激法】

1.口を閉じて、うがいをする要領で頬を膨らませたり、
へこませたりを約30回

2.唾液腺が刺激されて唾液がどんどん出てくる

3.口の中が唾液でいっぱいになったら、
その唾液を3~4回に分けてゆっくり飲みこむ

ちなみに「唾液の効能」は、

(1)洗い流す:口腔に残る食物の残滓を洗い流し、口腔を清潔に保つ
(2)なめらかにする:唾液に含まれる粘液が、口腔を柔らかく滑らかに保つ
(3)止血作用:血液を凝固させ、止血に働く
(4)希釈作用:刺激物質が口腔に入ったときに、唾液の分泌が多くなり、
有害物質を希釈し、吐き出したり、嚥下させる
(5)傷を治す:唾液の中に一種の生長エッセンスがあり、傷口の融合を早める
(6)消化作用:唾液の中には、酵素が含まれていて、
デンプンを麦芽糖に変化させ、容易に吸収させることが出来る
(7)アンチエイジング作用:唾液の中には、
若さを保つのに働くホルモンが含まれている

......... 。o○°..............................o○。.............................. o○ ...........

  楊さちこ Sachiko Yu

  。o○°「楊さちこプロフィール」o○ o。
  http://www.yo-sachiko.com/plofile.html

☆「楊さちこの美身求真 アジアンビューティスタイル」
  http://www.yo-sachiko.com

 ☆「アジアの美人はミロウミビョウ」@ぴあ
  http://www.pia.co.jp/mirou-mibyou/

 ★メルマガ「漢方美容で、365日ずっとキレイ」
  http://www.yo-sachiko.com/mail.html

......○。...............o○ o。................。o○°...............o○ o。...........



------------------------------------------------------------------------------------------------


【6】 オフショア投資コーディネイターが「そっと」教える金融リテラシー!

―――――――――――――――――――――
第4回 【本日のテーマ】 債券投資は安全ですか?
―――――――――――――――――――――
こんにちは、香港プロアクティブの「やっさん」こと福永です。
さて、第4回目のテーマである「債券投資は安全ですか ?」

日本人は日本国債がお好きなようですが、その商品性をよ~くよ~く考えて投資してください。
一般的には長期間保有するタイプの国債が多いのですが、まず、国債の場合、その国の将来性、
つまり、財務状態などを考慮する事は重要なポイントになります。

現在の日本国の財務状態は、ここで述べる事もなく、一般家庭に例えれば破綻状態で、
国債発行という切り札で自転車操業しているのが現状であります。

やはり、国債であれば、資源国であるカナダなどは固い投資先と言えます。
(個人的にはアメリカ国債も怖くて・・・・選択肢に入りません)

この不況の中、社債投資がロールリスク・ハイリターンである事実をご存知でしょうか?

もちろん、社債にもリスクはありますが、仮に破綻しても株のように紙屑にならない社債を
見つけて6か月間ぐらいの短期投資することは現在の有益な選択肢の1つだと思います。

その理由は、債券の価格が実態よりも下がりすぎているのです。

投資の基本は、「安く買って高く売る」ですが、債券の場合、償還時の価格が決まっているので
安く買うしかありません。つまり、購入時に安く買えればいいわけです。

日本の社債は購入価格のハードルが高かったり、格付けの低い社債は購入できませんので意味が
ありません。

そこで●●●●は有効な社債投資でありますが、ポイントは格付けがBBB以下であるが、
資産リッチな会社で、償還までに6か月以内。

これ以上は企業秘密なので書けませんが、債券投資は一考の余地ありかも知れません。
以上、今回は債券投資についてのヒントでした。

(お知らせ)
2009年12月の香港オフショア金融ツアー
11月29日~12月 2日
(詳細はお問い合わせください)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■免責事項
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□このメルマガは海外投資(オフショア投資)などに関する
情報の提供を目的としており、投資の勧誘を目的としたものでは
ありません。
□情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を
保証するものではありません。
また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、
Proactive Asset Management Ltd.は一切の責任を負いません。
□投資判断はすべて自己責任にてお願い致します。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【お問合せ先】

PROACTIVE ASSET MANAGEMENT LIMITED
E-MAIL:info@e-proactive.com.hk
ホームページ:http://www.e-proactive.com.hk
「香港プロアクティブ」でご検索ください

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


------------------------------------------------------------------------------------------------


【7】 『中国ビジネスに勝つ!中国人の心はこう掴む!』
    -----雅商コミュニケーション中国語講座-----
    ▼△▼△知って得する中国語フレーズ編 第3回▼△▼△

第3回を迎えました雅商コンサルティングの宮崎です!
13年前に北京に留学をした当初、その土埃と喧騒に気圧されたことを今でも思い出します。
あれから13年、中国は目覚しい発展を遂げ、ここ中国を舞台にビジネスで戦う日本人の同胞が増え、
表面にはグローバル化が進んでいるように見えます。

が、真のグローバルとはお互いを理解し、多様性を認め合うこと。言葉を喋ることは、伝達の道具を
保有しているに過ぎません。言葉の裏側にあるマインドを理解してこそ、コミュニケーションが成り立つ
→人間関係がうまくいく→ビジネスで成功する。私達はそんな中国語を、中国で戦う日本人戦士に
お届けしていきたい!と思っています。それでは今回の中国語フレーズをお届けいたします!

■こんな時 
中国語の発音は日本人にとって決して簡単ではありません。中でもよく使う数字の
四と十の使い分けに頭を悩ませている方も多いのでは?

※中国語・ピンインが入ったテキストを下記URLよりダウンロードしてお使い下さい。
http://www.jbn.com.hk/scheduler/upfile/121-3.doc


Xiao lin bu zhang : jin tian cong shi dian kai shi kai hui bai tuo le
(小 林 部 長  :  今日は十時から会議なのでよろしく)

Li ke zhang : zhi dao le   shi si dian ba
(李 課 長: 分かりました。四時からですね?)



■解説
まずは、難しいソリ舌(10の発音)の発音は除外しましょう。
アクセントだけにポイントを置きます。
四は第四声(語尾が下がる音)、 十は第二声(語尾が上がる音)なので、
下がる音、上がる音を(ソリ舌なしで)サシスセソの「スー」という音で出してあげればOKです。

■ポイント
ビギナーの場合は最初から完璧を目指さず、アクセント(音のあがりさがり)で
区別をすることから始めましょう。
○ ソリ舌の解説は雅商メルマガにてご案内しております(↓↓)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
雅商(YASAN)コンサルティングLTD

↓中国人に欠かせないメンツの話。日本人マネージャーの心得など↓
メルマガ 中国生活のマインドケア in China
http://www.melma.com/backnumber_182711/

ブログ・HP 作成中
その他本文のお問い合わせはA.miyazaki@selfcreator.com
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

◎次回はやっちゃいけない怒りのパフォーマンス


------------------------------------------------------------------------------------------------


【8】 香港日本人商工会議所主催『日系ビジネス交流会』のご案内

今年も香港日本人商工会議所主催の、年末忘年会を兼ねた「日系ビジネス交流会」を開催いたします。
この交流会の目的は、商工会の会員のみならず、会員で無い方も含め在香港の全ての日系ビジネス社会で
活躍されるビジネスマン・ビジネスウーマンを対象に、今年1年を振り返り、お世話になったお客様や、
ビジネス仲間・友人或いは同僚達との懇親を深めて頂くために開催するものです。この機会を利用して
更にビジネスネットワークの輪を広げて頂くとともに、普段中々会えない方々との交流の場としても
ご利用頂ければ幸いです。

◇日 時: 2009年12月8日(火) 18:30 pm ~20:00 pm (予定)
◇場 所: 日本人倶楽部ラウンジ
◇参加費: 無料
◇参加者: 日系ビジネス社会で活躍される方々

   ⇒ 詳細/申込:http://www.jbn.com.hk/scheduler/upfile/143-1.doc


------------------------------------------------------------------------------------------------


【9】 深セン日本商工会事業生活支援部会主催による『日系中小企業リスク管理セミナー』開催のご案内


年度末時期を迎え何かとご多用の事と思いますが御社の事業環境如何でしょうか。
下期以降、輸出環境も徐々に景気回復報道もされておりますが、一方では各種税金徴収も厳しくなってきており
益々経営舵取りが難しい状況となって来ております。この長引く世界的な不況に伴い華南地区に於いても、
従業員のリストラ、経営悪化で会社清算、撤退、再編、各種労働仲裁、債権回収等の諸問題が増加傾向と
聞いております。
   
そこで各企業様のリスク管理対策として、1部は企業編として最近増加傾向になっております各種企業リスク
諸問題(実例)を専門弁護士に解説と対応策。2部は出張者・赴任者編として、生活関連に関する各種リスク管理
について開催します。是非、本セミナーに参加し各企業様のリスク管理にお役立て頂きます様宜しくお願いします。


◇日時:12月3日午後2時30分(受付開始)15時~18時まで
     1部:専門弁護士による各種労働判例・仲裁、税務、税関、リスク事例と対応策
     2部:出張者・赴任者の滞在時の各種リスク管理、新型インフルエンザ各社の対応状況等

◇場所:深セン市福田区東方銀座酒店 2階パリ庁

 ⇒ 詳細/申込:http://www.jbn.com.hk/scheduler/upfile/141-1.doc


------------------------------------------------------------------------------------------------


【10】 久保田塾のご案内
                
経営を学びたい方、今後経営幹部を目指す方、経営幹部に任命された方、どうぞ久保田塾で修行してください。
毎月第二土曜日KBT・可宝得環保技術(深セン)有限公司の二回教室で開いています。

◇日時:毎月第2土曜日 【初級】16時~ (通訳有り) 【中級以上】18時~
◇場所:【初級】久保田経営相談事務所 
        深セン市宝安区沙井鎮新橋村麗沙花都E1棟1302号
        http://www.kubota-consul.jp/
     【中級以上】中級以上開催場所は可宝得環保技術(深セン)有限公司二階教室
        深セン市宝安区沙井鎮万豊村万豊98工業城
 
≪初めての方へ≫
http://www.jbn.com.hk/scheduler/upfile/142-2.doc

≪カリキュラム≫
http://www.jbn.com.hk/scheduler/upfile/142-1.doc



-----------------------------------------------------------------------------------------------



【11】 少人数制『日本人のための中国語・広東語クラス』のご案内

このたび觀塘の「和僑会オフィス」にて初心者を対象とする少人数クラスを開講いたします。
3ヶ月12回のコースでは発音の基礎に中心とした音読練習で簡単な会話ができる
基礎的内容を習得していただきます。

声調言語である中国語、広東語の学習は、入門段階で発音の基礎をしっかり練習しなければ
なりません。漢字やカタカナなどに頼らず、耳と口を使った反復練習と、発音記号を覚え正確な発音を
身に付けることが一番大切です。 

「日本人のための中国語 広東語」は今年で開講6年目を迎えました。
香港在住の日本人向けに日本人にとって困難な発音を日本人講師が指導矯正を行うという画期的な
クラスとして多くの方が受講されています。
発音の基礎からしっかり練習したいという方の参加をお待ちしております。

講師:貞松謙一郎

(中国語クラス) 毎週土曜日午前10時~12時 全12回
(広東語クラス) 毎週土曜日午後 1時~ 3時 全12回

クラス共通事項
* 場   所 : 觀塘 「和僑会オフィス」
* 授業特徴 : 初心者を対象にした発音入門クラス。
          「 聴いて話す」能力の習得を目標とする少人数クラス。
* 定   員 : 各クラス8人

お申込み、お問い合わせ : 9420-7097 さだまつまで
詳細は info@sadajuku.com までお問い合わせ下さい。


-----------------------------------------------------------------------------------------------


【12】 在香港総領事館より、新型インフルエンザに関する講演会のお知らせ

今年4月に発生した新型インフルエンザ(H1N1型)は、世界中で爆発的な流行(パンデミック)を
引き起こし、現在でも世界各地で感染例の増加が確認されています。

これから冬を迎える香港でも、季節性のインフルエンザに加え、新型インフルエンザの第二波の感染が
懸念されます。

そこで、香港総領事館は、小・中学生のお子様をお持ちの方を中心に、香港在住の邦人の皆様方が、
家庭でできるインフルエンザ予防対策やインフルエンザワクチンの基本的な考え方などについて正確な
情報を入手し感染予防に努めていただけるよう、在上海日本国総領事館の平松和子医務官より、
新型インフルエンザについて講演を行う機会を設けました。

併せて香港政府の対応の現状についても、当館職員より説明いたします。
御関心をお持ちの方々におかれては、是非ご参加ください。
なお、会場の都合上、予定人数になり次第締め切らせていただきますのでご了承下さい。
また、会場には駐車スペースがありませんので、当日は公共交通機関をご利用下さい。

                           記

◇講演会主題:新型インフルエンザの予防等について

◇日時:11月17日(火) 開場15:40開始16:00(1時間程度)

◇場所:香港日本人学校小学部香港校 B1体育館 157 Blue Pool Road 藍塘道157號

◇行き方(参考):路線バス:41A(北角~華富)、63(北角~赤柱)、
          ミニバス:14M(金鐘~Jardine;s Lookout)でMary Mount学校前下車、徒歩3分。
          他の路線バス:19、6/66、76、ミニバス40も付近を通ります。
          タクシー:最寄り駅はコーズウェイベイから15分

◇講演者:平松和子在上海日本国総領事館医務官、坂田国彦在香港日本国総領事館邦人支援班長

◇参加者数:300名(会場の都合により先着順。なお、対象は日本人学校の保護者の方々には限りませんので、
        御関心のある方は、お申し込み下さい。)

◇お申込み方法:参加申込書(新型インフルエンザに関する講演会)は当館ホームページ
(http://www.hk.emb-japan.go.jp/jp/docs/20091104_influenza.pdf)からダウンロードし、必要事項をご記入の上、
11月13日(金)までに下記メール又はFAXにて在香港日本国総領事館宛お申し込み下さい。
メール(ryojiadd@cgoj.org.hk)
FAX(2868-9396)

※ 御不明な点は、当館領事部邦人支援班(2522-1184)まで直接お問い合わせ下さい。

*当館へのお問い合わせは http://www.hk.emb-japan.go.jp/jp/email_j.html にお願いします。
 万一現在お送りしているメールアドレスに質問等をお送りいただいても返信はできませんのでご注意下さい。 

-----------------------------------------------------------------------------------------------


【13】 火間土(Ka Ma Do Japanese Restaurant)より、『長崎県フェアー』のご案内

チムチャツイ地区の北京道一号八階で日本料理店 火間土では、下記の予定で
『長崎県フェアー』を企画しております。

長崎の郷土料理も用意しておりますし、長崎縁の物産品も即時販売する予定です。
是非この機会に長崎県人会の皆様にご来店頂きたいと思いまして連絡致しております。

◇日  時 :2009年11月19日(火)-30日(月)
◇営業時間 : 平日       12:00-15:00  18:00-23:30
         土・日曜・祝日 12:00-15:30  18:00-23:30

※11月19日(木) 夜20時~ マグロ解体ショーも計画しております。

≪料理内容≫
○ハマチ刺身
○焼がき
○ちゃんぽん
○皿うどん
○さばの竜田揚野菜あんかけ
○うちわ海老(天ぷら、塩焼きetc)
○酒、焼酎、食品等の展示即売

火間土(Ka Ma Do Japanese Restaurant)
尖沙咀北京道1號8樓802舖  TEL: 2269-5051


------------------------------------------------------------------------------------------------


【14】 イベント情報

  (1)第27回和僑昼の会のお知らせ
    ◇日時:11/13(金)12:00~14:00
    ◇開催場所:JBNセミナールーム
       ⇒ 詳細/申込:http://www.wa-kyo.com/advance_name.asp?/543.html

  (2)火間土(Ka Ma Do Japanese Restaurant)より、『長崎県フェアー』のご案内
    ◇日時:11/19(火)-30(月)
    ◇開催場所:尖沙咀北京道1號8樓802舖
       ⇒ 詳細/申込:http://www.jbn.com.hk/scheduler/scheduler.cgi?mode=view&no=139


  (3)第54回香港和僑会のお知らせ
    ◇日時:11/20(金)19:00~22:30
    ◇開催場所:香港日本人倶楽部
       ⇒ 詳細/申込:http://www.wa-kyo.com/advance_name.asp?/544.html

  (4)《平原奈津子のプチ財テクセミナー》のご案内
    ◇日時:11/23(月)19:30~21:00
    ◇開催場所:JBNセミナールーム
       ⇒ 詳細/申込:http://www.jbn.com.hk/scheduler/scheduler.cgi?mode=view&no=119
  
  (5)『2009日系自動車部品調達販売展示会 at 広州モーターショウ』 開催のご案内
    ◇日時:11月24日(火)~26日(木)
    ◇開催場所:広州
       ⇒ 詳細/申込:http://www.jbn.com.hk/scheduler/scheduler.cgi?mode=view&no=140


  (6)香港貿発局世界中小企業エキスポ
    ◇日時:12月3日(木)~5日(土)
    ◇開催場所:香港コンベンション&エキシビションセンター
       ⇒ 詳細/申込:http://worldsmeexpo.hktdc.com/

------------------------------------------------------------------------


【15】 編集後記

本日、メールマガジン『和僑ニュース』が創刊第50号を迎えることとなりました。
これもこれまで応援して頂きました皆様のおかげです。本当に有難うございます。

『和僑ニュース』は海外で働く日本人(和僑)を応援していきたいと一念でスタートし、
その後は内容もだんだんと充実し、気がつけばもう1年が経とうとしています。
今後も更なる充実を図るため、メルマガに関するアンケートを行い、アンケートに
お答え頂いた方へ抽選でプレゼントを差し上げたいと思っております。

これからももっと皆様に役立つ、和僑ニュースらしい情報を提供し、もっと多くの方に
読んで頂きたいと思っておりますので引き続きご支援のほど何卒宜しくお願い申し上げます。


∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
  メールマガジン『和僑ニュース』
   【発行】Japan Business Network (HK) Co., Ltd. 
   【住所】Unit 605, 6/F., Nanyang Plaza, 57 Hung To Rd.,
       Kwun Tong, Kowloon, HK
   【TEL】(852) 3153-1400
   【FAX】(852) 3153-1499
   【ホームページ】http://www.jbn.com.hk/
   【E-mail】:info@jbn.com.hk

 当メールマガジンは「海外で働く日本人(和僑)を応援する」を
  テーマに毎週1回配信しております。
  よろしければ、お知り合いの方々にも是非おすすめ下さい。 

 登録、変更、解除、バックナンバーについては下記をご覧下さい。
  http://www.jbn.com.hk/mmagazine.htm
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽