メルマガバックナンバー

海外で働く日本人(和僑)を応援する「和僑ニュース」


------------------------------------------------------------------------------------------------

海外で働く日本人(和僑)を応援する『和僑ニュース』 2009/10/28(第48号) 読者数:1481名

------------------------------------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは海外で暮らす日本人及び海外とのビジネスを目指す方々を応援する
目的で様々な情報を提供しております。                          


◇本日のメニュー◇


【1】 トップニュース


【2】 和僑による和僑のための「武士道」  第1回 和僑会会長 筒井 修氏


【3】 香港発! 楊さちこのいつでもどこでも気軽に出来る美容・健康法
           第30回【メタボと戦う 超簡単・壁際呼吸法】  


【4】 『中国ビジネスに勝つ!中国人の心はこう掴む!』
    -----コミュニケーション中国語講座-----
   ▼△▼△知って得する中国語フレーズ編 第2回▼△▼△


【5】 オフショア投資コーディネイターが「そっと」教える金融リテラシー
        第2回 【本日のテーマ】 これからも円高は永続でしょうか?


【6】イベント情報
  (1)京浜多摩和僑会例会「横須賀、「中国プラスメコン」活用フォーラム」
  (2)香港貿易発展局主催「ネットワーキング(実質商談会)」のお知らせ
  (3)東京金型産業未来塾フォーラム「広東省(東莞)金型専用工業団地」設立構想」
  (4)『2009中国(広東)‐日本 経済技術貿易合作交流会』のご案内
  (5)11月度八日会のお知らせ
  (6)第27回和僑昼の会のお知らせ
  (7)第54回香港和僑会のお知らせ
  (8)《平原奈津子のプチ財テクセミナー》のご案内


【7】 編集後記


------------------------------------------------------------------------------------------------


【1】 トップニュース

和僑アジア大会2009が10月24日(土)、深センのシャングリ・ラ ホテルにて
開催、アジア各地から160名以上の和僑会メンバーが集結した。
当日は午前中に各和僑会事務局の代表ミーティング、午後から和僑アジア展示会、
和僑アジア大会、そして大懇親会が行われ、大変盛況な会となった。

当日の模様については和僑会のホームページにて公開し、更新された情報は
メルマガ『和僑ニュース』にて掲載される予定。


------------------------------------------------------------------------------------------------


【2】 和僑による和僑のための「武士道」  第1回 和僑会会長 筒井 修氏

こんにちは!
この度、『和僑による和僑のための「武士道」』というコーナーを担当する事になりました小池です。

世界を目指す和僑だからこそ、武士道などの「和の精神」について理解を深めておくことは大切と考え、
このコーナーを担当させて頂く事になりました。
以下のような内容で、月に1回寄稿する予定ですので、皆さんのご参考になれば幸いです。

===========================================================================

■企画の目的 : 

・和僑会会員が、日本の歴史や武士道について学ぶキッカケを作り、
世界に誇れる「和の精神」を抱けるようにする。

・ご活躍されている経営の方に、和僑としてどのようなアイデンティティを持ち、
経営に挑んでいらっしゃるかをお話し頂き、和僑会会員の参考にしてもらう。

・また、経営のみならず、日常生活の道徳的規範にもなるようなお話も紹介する。


■インタビュー項目(候補)

Q1 :  好きな歴史上の人物はどなたですか? またその理由もお聞かせ下さい。 

Q2 :  歴史や日本文化を知っておくと、和僑としての経営に役立ちますか?

Q3 :  若手経営者へのメッセージ

===========================================================================

記念すべき第一回目は、香港和僑会 筒井会長にお話をお聞きしました。



Q1 : 好きな歴史上の人物はどなたですか? またその理由もお聞かせ下さい。

A1 :世の中が大きく変革する時というのは、大勢の人の力が影響しているものですが、もともとのキッカケは、
たった一人の強い想いが変えています。 そういった意味で、私は織田信長や坂本竜馬が好きです。


信長は、それまでの封建主義的な制度に捉われず、能力主義で秀吉のような優秀な人を採用していきましたし、
家臣からの多くの反対にあいながらも、日本を一つにしなければならないという強い思いがあったからこそ、
戦国時代を終わらせようと様々な改革を行っていったんですね。

その後、徳川政権が続いてきた中で、それを終わらせようとしたのが坂本竜馬でした。
当時、脱藩は大きな罪でしたが、竜馬は自分の考えを貫き行動するために、土佐藩を脱藩しています。
そして幕府を破るために、当時対立していた長州藩と薩摩藩を同盟させ、西郷隆盛や大久保利通などの
志が高い人物と共に、新しい時代を作っていったのです。

二人とも、強い思いを抱いて行動した結果、他の多くの人たちが賛同し、ついてきたんです。
私が常に意識しているのは、「人生は一回きり」ということですが、だからこそ、自分で考えて、
その考えを大切にして、強い思いを抱いて生きていくべきだと思います。



Q2 :  歴史や日本文化を知っておくと、和僑としての経営に役立ちますか?

A2 :私は歴史に詳しくないので、そんな大そうな事は言えないですよ(笑)。
ただ、これからの和僑は、華僑や、印僑(インド人起業家)から一目置かれるような存在にならないと
いけないとは思っています。華僑や印僑の人たちが、和僑から学ぶこともたくさんあるはずですから、

これからは、その違いを理解し合って共有していければ、彼らとタッグを組んだり、今よりももっと大きな事が
実現出来ると思いますし、そういったレベルを目指していかなければ、和僑会を続けていく意味も
無いと考えています。

外国人には無い「日本人の良さ」というのはたくさんあります。日本の旅館で受けられるようなホスピタリティは
世界中を探してみても見当たらないでしょう。武士道に限らず、「和の精神」(思いやりの心)は世界で通用します。

孔子は「仁」を、キリストは「愛」を、仏陀は「慈悲」を説きましたが、共通するのは「人を思いやる心」であり、
これこそ「和の精神」です。「和の精神」を強く持ち続ければ、和僑会の理念である
「和を以って貴しと為す」
「共存共栄」
「地域社会への貢献」も実現できるはずです。



Q3 :  最後に若手経営者へのメッセージをお願いします。

A3 :歴史や武士道に限りませんが、とにかく、自分の人生を考えて、たくさんの事を学んで欲しい。
移動の電車の中で週刊誌を読む暇があったら、貪欲に知識を吸収して欲しい。

和僑会などのセミナーでも学びは多いかも知れませんが、「自分はどういう人生を歩んで行きたいのか」
という点を徹底的に考え、自分の答えを見つけることです。

私は、ひょっとしたら自分の性格だからかも知れませんが、
20歳の頃には「30代になったら・・・」
30歳の頃には「40代になったら・・・」
40歳の頃には「50代になったら・・・」と考えるようにしていました。

サラリーマン時代でも、中国ビジネスに興味があったので、中国語を早い時期から勉強したり、
香港にあった事務所に行きたいと自ら志願しました。

そして、40歳の時に香港に来たんですが、香港に来た途端に経営者の思考(頭)になっていました。
「自分の人生を考える」と言うと抽象的かも知れないけど、「自分の夢」を考えるということです。
夢や情熱が無ければ、大きなことは実現できません。

今、皆さんの身の回りで起こっているすべてのことには原因があるはずです。
自分が原因を作り、その「原因」が「結果」を生んでいるのです。だから、成功する原因を自分で作っていけば
良いんです。そのためには、やはり、常に学ぶ姿勢を持って、勉強を続けることが大切なんだと私は思います。


「世界の和僑と世界の和僑会を誕生させたい」という想いがあって和僑会が生まれたわけですから、
いつの日か、世界中の日本人起業家が手を結んで、和僑の世界大会を実現したいですね。

さらに、我々の時代だけではなく、子供達、孫達に、「こんな素晴らしい会があって良かった」と思ってもらえるように
やっていきたいですね。そのためには、やはり、若い人の力が絶対に必要ですから、一緒に協力して行きましょう。


~~~感想~~~

筒井会長は、坂本竜馬を尊敬されていらっしゃいますが、同時に、たくさんの竜馬が、
この和僑会から誕生することも願っていらっしゃいます。
竜馬は、勝海舟を師と仰ぎ、航海術を学びましたが、我々は筒井会長から経営者としての
航海術を多く学ばせて頂きたいと思います。
筒井会長、これからも宜しくお願い致します!

***********************************************************

有限会社ジャパンオンラインスクール 
代表取締役 小池 慶 Mail : info@j-os.com

世界初オンライン日本語学校  http://www.j-os.com/indexJ.html
プロ日本語教師養成セミナー http://www.j-os.com/trainingJT-J.html
ブログ : http://blog.livedoor.jp/japanonlineschool/

海外進出に興味がある経営者のお手伝いをする東京和僑会 : 
http://www.tyo-wakyo.com/tyo-wakyo-toha.html

************************************************************


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------


◆*――――――――――――――――――――――――――――――――*◆

    【3】香港発! 楊さちこのいつでもどこでも気軽に出来る美容・健康法

第30回【メタボと戦う 超簡単・壁際呼吸法】  

◆*――――――――――――――――――――――――――――――――*◆

「最近運動不足だなぁ」と感じているけど、
大がかりな運動はちょっと…というあなた!

壁さえあればどこでも出来るこの超簡単・壁際呼吸法を
毎日5分だけ試してみませんか?

深呼吸は、腹筋や横隔膜の収縮運動により内臓へのマッサージ効果や、
内蔵の血液循環促進にも役に立ちます。

しばらく続けて行くと、お腹周りもスッキリしてくるはずです。

【超簡単・壁際呼吸法】

1)壁を背にして、かかと、おしり、両肩、頭を壁につける

2)目をつぶり、背筋をしっかり伸ばして立つ

3)口を閉じ、舌先を軽く上あごにつける

4)鼻からゆっくりと息を吐いていく

(おへそを背中に近づけるようなイメージで、8つ数えながらしっかり吐ききる)

5)お腹をゆるめ、鼻から息をいっぱいに吸いながらお腹を膨らませる

6)息が十分に入ったら2~3秒息を止め、気が流れて体に浸透していくイメージを描く

7) 3)から 6)を20回ほど繰り返す

息を吐くときは、吸う時の1.5~2倍かけるつもりでゆっくりと。
上半身に力を入れないようにして、肛門は閉じるように意識します。
最初は無理をせず、できる範囲でOKです。

......... 。o○°..............................o○。.............................. o○ ...........

  楊さちこ Sachiko Yu

  。o○°「楊さちこプロフィール」o○ o。
  http://www.yo-sachiko.com/plofile.html

☆「楊さちこの美身求真 アジアンビューティスタイル」
  http://www.yo-sachiko.com

 ☆「アジアの美人はミロウミビョウ」@ぴあ
  http://www.pia.co.jp/mirou-mibyou/

 ★メルマガ「漢方美容で、365日ずっとキレイ」
  http://www.yo-sachiko.com/mail.html

......○。...............o○ o。................。o○°...............o○ o。...........



------------------------------------------------------------------------------------------------


【4】 『中国ビジネスに勝つ!中国人の心はこう掴む!』
    -----コミュニケーション中国語講座-----
   ▼△▼△知って得する中国語フレーズ編 第2回▼△▼△


■ こんな時

 取引先の中国人社長に挨拶するとき。礼儀をわきまえた挨拶で相手に一目置いてもらいましょう。

■ こんな言葉 

※中国語・ピンインが入ったテキストを下記URLよりダウンロードしてお使い下さい。
http://www.jbn.com.hk/scheduler/upfile/121-2.doc


王: li zong nin hao wo shi ya shang de xiao wang hen gao xing ren shi nin
   李社長。始めまして雅商の王と申します。お会いできて嬉しいです。

■ 解説
・ ポイント1 李 総と名前の後に役職をつけると敬意を表します。日本人の中には
社長の呼称として老板(lao ban)という人もいます。企業の場合は「○総」のほうが相手に
敬意を表す表現といえます。
・ ポイント2 『nin hao 』は『ni hao』より丁寧な印象を与えます。

■ ポイント
中国の人は日本人に比べて気さくで礼儀などうるさくないように思いますが、
実はちゃんと貴方のレベルを観察しています。中国でビジネスをする以上、挨拶だけで
相手に不信感を持たれないよう、気をつけましょう!

◎次回はよく使う言葉の落とし穴編をお届けします。

★皆さんのご意見や質問、リクエストを募集しております。『こんなとき、どう言えば・・?』
『使ってみたけどしっくりこない』等など、どしどしフィードバックを頂ければと思います。
こちらまで ↓↓↓↓↓
メールアドレス A.miyazaki@selfcreator.com

------------------------------------------------------------------------------------------------


【5】 オフショア投資コーディネイターが「そっと」教える金融リテラシー

――――――――――――――――――――――――――――――
第2回 【本日のテーマ】 これからも円高は永続でしょうか?
――――――――――――――――――――――――――――――

こんにちは、香港プロアクティブの「やっさん」こと福永です。

さて、第2回目のテーマである「これからも円高は永続でしょうか?」

結論から言いまして、「円高は永続しない」これは私見になりますが、これは他の通貨にも言える事だと思います。

現実には日本円が米ドルに対して円高トレンドであるのは事実ですが、それが永続する可能性は極めて少ないと
考えます。寧ろ、私見ではアメリカ経済が2011年あたりに本格的に回復してくると大きく大きく(繰り返し)円安に
向かう可能性が高いとみています。

では、私の住んでいる香港や中国の方を見ていると、やはり、自国通貨だけを保有する方は少ない現実があります。

なぜか、その保有通貨の世界的な価値が落ちた場合のリスク分散を図っているからです。また、中国の富裕層は、
今後、人民元が切り上がって資産価値があがろうとしているにも関わらず、他の通貨や金にも振り分けています。

それは自国通貨のみで保有するリスクを遺伝子的に記憶しているからだと思います。同じように日本国でも過去2度も、
徳政令が起こり、日本円が無価値になったのに、ほとんどの日本人が忘れているとしか私は思えません。

今、直ぐに必要でない日本円を保有されている方は、今が外貨への移行のチャンスだと思います。
だからと言って、海外投資した方がいいとか、そんなベタな営業マン的な発言は致しません。
投資リスクが取れない方は複数通貨建てのMMFでも資産保全は可能ですし、少なくとも、一般の預金に日本円を
眠らせていても今後は資産目減りが起こりますので1つの選択肢かと思います。

でも、金融機関ではMMFは手数料が低いので普通は外貨預金を勧められます。

なぜでしょうか? 特に日本は為替手数料なども他国に比べて高く、銀行にとって都合がいいからです。
銀行員によっては、MMFを良く理解していない方もいますので要注意。

また、MMFとか名前についていても、私の言う金融商品ではない事もありますので次回のメルマガでしっかり
理解してもらうことにします。

以上、今回のポイントは、「オフショア投資は完全合法であります」

(お知らせ)
2009年11月と12月の香港オフショア金融ツアー
11月 1日~11月 4日
11月29日~12月 2日
(詳細はお問い合わせください)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■免責事項
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□このメルマガは海外投資(オフショア投資)などに関する
情報の提供を目的としており、投資の勧誘を目的としたものでは
ありません。
□情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を
保証するものではありません。
また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、
Proactive Asset Management Ltd.は一切の責任を負いません。
□投資判断はすべて自己責任にてお願い致します。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【お問合せ先】

PROACTIVE ASSET MANAGEMENT LIMITED
E-MAIL:info@e-proactive.com.hk
ホームページ:http://www.e-proactive.com.hk
「香港プロアクティブ」でご検索ください

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


------------------------------------------------------------------------------------------------


【6】イベント情報

   (1)京浜多摩和僑会例会「横須賀、「中国プラスメコン」活用フォーラム」
    ◇日時:10/29(木)13:30~16:00
    ◇開催場所:神奈川県横須賀
       ⇒ 詳細/申込:http://www.jbn.com.hk/scheduler/scheduler.cgi?mode=view&no=128

(2)香港貿易発展局主催「ネットワーキング(実質商談会)」のお知らせ
    ◇日時:10/30(金)10:00~11:30
    ◇開催場所:香港貿易発展局 本部
       ⇒ 詳細/申込:http://www.jbn.com.hk/scheduler/scheduler.cgi?mode=view&no=120
  
   (3)東京金型産業未来塾フォーラム「広東省(東莞)金型専用工業団地」設立構想」
    ◇日時:10/30(金)18:30~20:30
    ◇開催場所:東京
       ⇒ 詳細/申込:http://www.jbn.com.hk/scheduler/scheduler.cgi?mode=view&no=127

   (4)『2009中国(広東)‐日本 経済技術貿易合作交流会』のご案内
    ◇日時:11/5(木)10:00~12:00
    ◇開催場所:東京
       ⇒ 詳細/申込:http://www.jbn.com.hk/scheduler/scheduler.cgi?mode=view&no=129

  (5)11月度八日会のお知らせ
    ◇日時:11/6(金)12:30~14:00
    ◇開催場所:The Royal Garden Hotel(Tsimshatsui East)
       ⇒ 詳細/申込:http://www.jbn.com.hk/scheduler/scheduler.cgi?mode=view&no=130

  (6)第27回和僑昼の会のお知らせ
    ◇日時:11/13(金)12:00~14:00
    ◇開催場所:JBNセミナールーム
       ⇒ 詳細/申込:http://www.wa-kyo.com/advance_name.asp?/543.html
 
  (7)第54回香港和僑会のお知らせ
    ◇日時:11/20(金)19:00~22:30
    ◇開催場所:香港日本人倶楽部
       ⇒ 詳細/申込:http://www.wa-kyo.com/advance_name.asp?/544.html

  (8)《平原奈津子のプチ財テクセミナー》のご案内
    ◇日時:11/23(月)19:30~21:00
    ◇開催場所:JBNセミナールーム
       ⇒ 詳細/申込:http://www.jbn.com.hk/scheduler/scheduler.cgi?mode=view&no=119


------------------------------------------------------------------------


【7】編集後記
和僑アジア大会2009 in 深センが10月24日(土)が盛大に開催され、大会が
終了した今も当日の熱気と感動の余韻に浸っています。

今回の大会には13地域、160名以上の和僑が深センに集合し、当日の会場では
和僑の絆がつながり、新しい未来を共有出来たことを肌で感じました。

今年は”和僑会”として各地域が一体となり、動き出した記念すべき年となりました。

来年は沖縄にて開催されます。これからも毎年、一歩一歩進化を続けていくと
どんなことが出来るか想像するだけで夢が広がります。


∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
  メールマガジン『和僑ニュース』
   【発行】Japan Business Network (HK) Co., Ltd. 
   【住所】Unit 605, 6/F., Nanyang Plaza, 57 Hung To Rd.,
       Kwun Tong, Kowloon, HK
   【TEL】(852) 3153-1400
   【FAX】(852) 3153-1499
   【ホームページ】http://www.jbn.com.hk/
   【E-mail】:info@jbn.com.hk

 当メールマガジンは「海外で働く日本人(和僑)を応援する」を
  テーマに毎週1回配信しております。
  よろしければ、お知り合いの方々にも是非おすすめ下さい。 

 登録、変更、解除、バックナンバーについては下記をご覧下さい。
  http://www.jbn.com.hk/mmagazine.htm
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽