メルマガバックナンバー

海外で働く日本人(和僑)を応援する「和僑ニュース」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【Wakyo News】━━━

        海外で働く日本人(和僑)を応援する『和僑ニュース』 2012/2/1 (第165号)
            読者数 5,155名 (独自配信 4,961名・まぐまぐ配信 194名)

               ☆和橋ニュース編集部からのお知らせ☆
         先週の1月25日(水)は春節の為、配信をお休みさせて頂きました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  当メールマガジンは「海外で働く日本人(和僑)を応援する」をテーマに毎週1回配信しております。
  ご登録は簡単ですので是非ともお知り合いの方々におすすめ下さい。 
 
  ★海外でのビジネスに興味を持つ人へ下記URLを添付するだけです。 
   世界とあなたを結ぶ和僑会のメールマガジン購読はこちら
   ⇒ http://search.mag2.com/MagSearch.do?keyword=%E5%92%8C%E5%83%91
  
==============================================

【1】 本日のトップニュース

  (1)北京、上海、香港の和僑会代表と起業家村の経営者らが討議を行いました。

    川崎市に拠点を置くNPO法人(特定非営利活動法人)アジア起業家村推進機構
    (理事長・山口務氏)は1月23日、川崎市、京浜多摩和僑会と共同して川崎市
    産業振興会館で「かわさきグローバルセミナー2012」を開催した。

    毎年新春に開いている恒例のイベントで、今回は特に中国の北京、上海、香港を
    中心にビジネスに取り組む日本人の集まりである各和僑会を代表して、三氏が
    「現地の和僑会を活用して海外に進出を」と強調するとともに、アジア起業家村
    に入居するベトナム、中国出身の経営者やベトナムに進出する日本の中小製造業
    の経営者らもパネラーとして参加、「(経済状況は厳しいが)日本とアジア各国
    とが意志疎通をスムーズにし、ピンチをチャンスに変えて、楽しく相互に発展し
    ていこう」など、日本と“世界の成長センター”であるアジアの将来に向けた議
    論が盛り上がった。

    詳細はこちら:http://tm-vb-news.at.webry.info/201201/article_2.html


  (2)タイ洪水復興に挑む「和僑会」 日本人起業家ら草の根運動
     ~フジサンケイ ビジネスアイ(2月1日(水)配信分より)~

    昨年、50年に一度の惨事となったタイ中部の大洪水。バンコク首都圏でも北部
    を中心に運河が氾濫するなど深刻な事態に見舞われ、浸水から3カ月以上が経過
    した今も水は完全には引いていない。被災各地の小中学校は授業を再開したもの
    の、汚水に浸(つ)かった教室の天井板が剥がれ落ちるなど、今なお危険と背中
    合わせのケースが少なくないという。

    こうした最中、被災地の学校に天井板などの支援物資を届けた日本人起業家グル
    ープがいる。グループの名は「タイ王国和僑会」。華僑ならぬ「和僑」の動きを
    追った。

    詳細はこちら:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120131-00000022-fsi-bus_all

---------------------------------------------------------------------------------------------

【2】 本日の特集 北海道和橋会の連載コラム 第3回(全4回)

   投稿者 : 北海道僑会会員 株式会社タイセイ 代表取締役 大野仁宏氏
   タイトル: 『中国における法律知識について』

  よく耳にするのが「中国には法律があってないようなもの」というのを耳にする。
  ところが現実は法整備がかなり進められていて、様々な法律が取り決められている。
  それなのになぜ、「あってないようなもの」と発言する方がいるのだろうか、と考え
  たとこころ僕は二つの要因が考えられると思う。

  一つ目はその方が法律を理解していない場合。
  今までは中国の法制度をしっかり理解している日本人が少なかったため、何か問題が
  おきても「中国には法律があってないようなもの」と、言っても通用した時期があっ
  た。
  さすがに現在は中国関係のビジネス書も増え中国の法制度に対する理解が日本人の間
  に進んできたため、さすがにいい加減なことは言えない環境だ。

  二つ目は同じ法律でも受け取れる解釈の幅が広いため、運用の違いが生じる場合。
  中国の法律は非常に大枠な造りで、さらに通達が矢継ぎ早に出され、その結果同じ事
  柄でも地域や人によって解釈、運用の違いがあり、極端な場合は意思決定が分かれる
  場合もある。
  人や地域によって意思決定が違うという部分だけ見ると、「法律があってないような
  もの」と、とらえられてしまう。

  このことから、中国ビジネスにおいて法律や制度を理解するだけではなく、その当地
  の運用状況をよく知る必要があると思います。
  私は中国上海に事務所を構え、中国人パートナーと一緒に貿易ビジネスと行ってきま
  したがどうしても同じ中国人であっても、上海人の考え方と地方の考え方に違いが生
  じます。

  先ほどの法律の話もそうであるように当地の状況というものを理解していないとビジ
  ネスはスムーズに進みません。
  ですから、中国ビジネスで失敗しないためにも、この和橋会の素晴らしいネットワー
  クを最大限生かし、当地の運用状況を知ることが出来たら失敗する割合は相当な部分
  が減るだろうと思います。

  今後、私は和橋会というネットワークを生かさせて頂くと同時に、私も求められる情
  報については惜しまずすべてを出させて頂こうと思っております。
  今後、上海情報を必要とされる方はお気軽にどんどんご連絡下さいませ。

  □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
    『和橋ニュース』では読者の皆様より質問や感想を受け付けしております。
     素朴な内容でも結構ですので是非お気軽にお寄せ下さい!!
     質問・感想はこちら→和僑ニュース編集部(info@wa-kyo.org)
  □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 
---------------------------------------------------------------------------------------------

【3】 和橋 知って得する海外ビジネス情報

 (1)沖縄でのビジネスチャンス!!「沖縄県企業誘致セミナー」のお知らせ

    この度、沖縄県は県内3つの経済特区への企業誘致の活動を推進し、
    産業振興を図るため、2月9日(木)に香港、10日(金)に広州にて
    「沖縄県企業誘致セミナー」を開催します。
    それにしても沖縄の経済特区ってすごい事になっているのですね。

    ・海外貿易は非関税.国税,関税,地方税の優遇。
    ・沖縄県企業立地促進条例による助成は最大10億円。
    ・沖縄若年者雇用促進奨励金により,35歳未満の沖縄県人を雇用すると、
     最大で一人当たり年間120万円の補助が2年間受けられる。
    ・地域求職者雇用奨励金を活用すると,年間40万~900万円の助成金が
     最大で5年間受けられる.
    ・物流コストに対しても年間200万円までの助成金が受けられる。

    ☆先着50名様まで。お早めにお申し込み下さい。【入場無料!!】
  
   【詳細情報】『万国津梁之美ら島 ご案内のパンフレット』
     表面:http://wakyo.holy.jp/dg/wp-content/uploads/329-1.pdf
    裏面:http://wakyo.holy.jp/dg/wp-content/uploads/331-1.pdf

   【お申し込み】
    お申し込み用紙(PDF) :http://wakyo.holy.jp/dg/wp-content/uploads/330-2.pdf
  お申し込み用紙(WORD):http://wakyo.holy.jp/dg/wp-content/uploads/330-3.doc

※沖縄進出のメリットについては【4】イベント・お知らせの<広州>をご覧下さい。

 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
  『和橋ニュース』では皆様より海外ビジネスで役立つ情報を待ちしております。
  どんな内容でも結構ですので是非、お気軽にお寄せ下さい!!
  お申し込み:和僑ニュース編集部(info@wa-kyo.org)
 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□ 
 
---------------------------------------------------------------------------------------------

【4】 イベント・お知らせ

────────────────────────────────────
<日本>
────────────────────────────────────
(1)【東京】「○の会」フォーラム2012 第1日目 2/7(火)【NEW!!】
    テーマ:本業支援 講座「ひと手間の気づかいが職場を変える!」
    講師 :高野 登 氏(ザ・リッツカールトンホテルカンパニー日本支社
     元日本支社長)他
     ⇒ 詳細/申込:http://wa-kyo.net/ (和僑会ラウンドテーブル)

(2)【東京】「○の会」フォーラム2012 第2日目 2/8(水)【NEW!!】
    ウォルトン社 ランドバンキング報告会
    ジェームス・ビューカナン 氏(ウォルトン香港 日本責任者)他
     ⇒ 詳細/申込:http://wa-kyo.net/ (和僑会ラウンドテーブル)

(3)【東京】シンガポール・ビジネス&金融セミナー 2/8(水)【NEW!!】
    セミナー概要:日本企業がシンガポール進出に伴う支援内容 他
     ⇒ 詳細/申込:http://wa-kyo.net/ (和僑会ラウンドテーブル)

(4)【東京】第12回定期説明会 2/9(木)【NEW!!】
     ⇒ 詳細/申込:http://www.tyo-wakyo.com/koenkai/setsumeikai/index.html

(5)【東京】総会+特別講演会 2/14(火)【NEW!!】
     ⇒ 詳細/申込:http://wa-kyo.net/ (和僑会ラウンドテーブル)

(6)【関西】華人経済・経営研究会 2/15(水)【NEW!!】
伊藤忠の米虫さんによる中国アパレルメーカー杉杉での経験談
⇒ 詳細:http://wa-kyo.net/ (和僑会ラウンドテーブル)

(7)【沖縄】四火会セミナー&懇親会 2/28(火)19:00~20:30【NEW!!】
     講師:谷村勝己氏(株式会社ジャンボツアーズ社長)
場所:株式会社海邦総研研修室にて 
     ⇒ 詳細/申込:http://wa-kyo.net/ (和僑会ラウンドテーブル)
────────────────────────────────────
<タイ王国>
────────────────────────────────────
(1)タイ王国和橋会 チャリティーセミナー 2/2(木)10:00~12:00【NEW!!】
   演題:『太らないための食事革命、ファーストフードの怖さ』
   Waku Waku Gymでは「子供達の未来をスポーツ教育を通してもっと豊かに、
   もっと幸福にしたい」という使命を持ってお子様の指導に当たっています。
   その一環と致しまして毎年保護者の皆様へ向けた講演会を行っております。
     ⇒ 詳細/申込:http://wa-kyo.net/ (和僑会ラウンドテーブル)

(2)タイ王国和橋会 定例会 2/15(水)19:30~22:00【NEW!!】
     ⇒ 詳細/申込:http://wa-kyo.net/ (和僑会ラウンドテーブル)

(3)タイ王国和橋会 早朝勉強会 2/18(土) 6:30~8:30【NEW!!】
各個人の先月読書した結果と感想・サマリーを発表 その読書した書籍を
各人で交換し合う、翌月へ向けたコミットメントを発表、先月の振り返りと
役に立つビジネス情報の交換 『法令・税制・雇用・ITツールなど』
⇒ 詳細/申込:http://wa-kyo.net/ (和僑会ラウンドテーブル)
────────────────────────────────────
<広州>
────────────────────────────────────
(1)沖縄県企業誘致セミナー 2/10(金)14時30分より受付開始
  開催場所:花園酒店 THE GARDEN HOTEL (GUANGZHOU)

   沖縄県には日本で唯一、国税の優遇措置やその他優遇措置、支援策が
   受けられる「特別事由貿易地域」、「情報通信産業特別区」、「金融
   業務特別地区」の3つの経済特区が存在します。
   先着50名様までとなります。お早めにお申し込み下さい。
    ⇒ 申込:(PDF) :http://wakyo.holy.jp/dg/wp-content/uploads/330-2.pdf
        (WORD):http://wakyo.holy.jp/dg/wp-content/uploads/330-3.doc
  
【沖縄進出のメリット】 
 『企業立地ガイド~ようこそ、ビジネスの楽園へ~』
   その1:http://wakyo.holy.jp/dg/wp-content/uploads/328-1.pdf
   その2:http://wakyo.holy.jp/dg/wp-content/uploads/328-2.pdf
   その3:http://wakyo.holy.jp/dg/wp-content/uploads/330-1.pdf
────────────────────────────────────
<香港>
────────────────────────────────────
(1)沖縄県企業誘致セミナー 2/9(木)14時30分より受付開始 
  開催場所:シェラトン・ホンコン・ホテル&タワーズ

   沖縄県は県内3つの経済特区への企業誘致の活動を推進し、産業振興を
   図るため、「沖縄県企業誘致セミナー」を開催します。
   どうぞアジアにおける沖縄の可能性をより多くの方に知って頂きたく、
是非ご参加頂ければと思います。
 ⇒ 申込:(PDF) :http://wakyo.holy.jp/dg/wp-content/uploads/330-2.pdf
        (WORD):http://wakyo.holy.jp/dg/wp-content/uploads/330-3.doc

(2)第4回九州合同県人会 2/17(金) 18:00~ 【NEW!!】
   毎年恒例となりました九州合同県人会を開催致します。当日は故郷の皆様と
   新年の抱負を語り合い、喜びを分かち合いたいと思います。
   場所:香港日本人倶楽部
   ⇒ 詳細/申込:香港和僑会事務局(info@wa-kyo.org)まで
   
(3)香港和橋会 新年もちつき大会 2/19(日)
   開催時間:午前11:30会場、12:00スタート 開催場所:香港柔道館
   和橋の家族同士で親睦を深めましょう。当日は楽しい企画を用意しています。
    ⇒ 詳細/申込:http://www.wa-kyo.org/advance_name.asp?/584.html
------------------------------------------------------------------------------------------------

【5】 編集後記

  一昔前の中国と現在の中国、一昔前のアジアと今のアジアは違う。
  日本も勿論良くも悪くも変化している。世界は着実に変化し近づいていると、
  最近特にひしひしと感じています。

  近所の多国籍スクールでは月に2度ほど国際ミニパーティを開催していて民族
  間の「違い」を楽しんでいる。
  根底に流れるそれぞれの民族の歴史やルールは確実に存在していてぶつかる事
  もあるけど、その「違い」を知り「理解」する事で一歩進んだコミュニケーシ
  ョンが生まれていく。(当たり前だけどなかなかこれが出来ていないのが現状
  では?)

  新しい価値観を持つパートナーと新しい何かを創造するために、更に和僑の絆
  を強めていきたい。(北海道和僑会・高本裕枝)
  
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
  メールマガジン『和僑ニュース』

【和僑会の使命】
  和僑会は世界で起業する人、起業家を目指す人、企業のリーダーを目指す人、
  総ての『和僑』の人達の育成と支援に尽くす。また、世界の様々な中小企業
  との交流により和僑メンバーの事業発展に貢献するものである。     

【和僑会の理念】 
  1.和をもって貴しとなす。思いやりを持って人に接する。          
  2.共存共栄、相互扶助。           
  3.地域社会への貢献。

【発行】和僑会
【住所】Unit 605, 6/F., Nanyang Plaza, 57 Hung To Rd.,Kwun Tong, Kowloon, HK
【TEL】(852) 3153-1400 【FAX】(852) 3153-1499
【ホームページ】http://wa-kyo.net/(和僑会ラウンドテーブル)
【E-mail】info@wa-kyo.org

 当メールマガジンは「海外で働く日本人(和僑)を応援する」をテーマに毎週
 1回配信しております。よろしければ、お知り合いの方々にも是非おすすめ下さい。  
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽