メルマガバックナンバー

海外で働く日本人(和僑)を応援する「和僑ニュース」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【Wakyo News】━━━

        海外で働く日本人(和僑)を応援する『和僑ニュース』 2011/11/2 (第153号)
            読者数 4,892名 (独自配信 4,717名・まぐまぐ配信 175名)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  当メールマガジンは「海外で働く日本人(和僑)を応援する」をテーマに毎週1回配信しております。
  ご登録は簡単ですので是非ともお知り合いの方々におすすめ下さい。 
  ホームページからも和僑ニュースが申し込めるようになりました!こちら:http://www.wa-kyo.org/
        
【PR】===============================================
   
    【第3回 和僑アジア大会 in 上海】
                                        
   ‘One ASIA, One WAKYO’をテーマに上海にてアジア大会が開かれます。
   今回の「アジア大会in上海」のコンセプトはズバリ【結果に繋がる交流】です!!

   現在、経済活動の活発な上海において、アジア中に広がる和僑会のつながりを最大限活用
   する為、我々のネットワークを強固にし、それぞれの活動場所で結果に繋がるように、今
   アジア大会においては参加者交流の時間を多く取りたいと考えます。
   また参加する方々すべてが情報、人的ネットワークなどをgive & takeの関係(相互付与
   の関係)でいられるように、挨拶だけに終わらない有意義な大会を目指します。

   ◆ 日時  2011年11月26日(土)
   ◆ 定員  和僑会会員+一般 限定250名
   ◆ 場所  交流会会場 Jade link Hotel(上海君麗大酒店)
 
   『スケジュールの詳細』:http://sh.wa-kyo.net/upload/ajia_fliyer_11.10.24.pdf

   また、和橋会では我々の『使命』と『理念』にご共感頂き、この社会的意義のある活動を
   世界へ一緒に広めて頂ける個人・企業のスポンサーを募集しております。
   今回の大会テーマである『One ASIA, One WAKYO』となって、アジアに広がる和橋会と
   一緒につながり、広がりましょう。皆様からのご賛同をお待ち致しております。

   『スポンサー募集要項』:http://www.jbn.com.hk/scheduler/upfile/308-2.pdf    

===============================================【PR】

【1】 本日の特集 がんばれ社長!武沢信行氏からのメッセージ 2011年11月号


  ●和僑会の皆さん、こんにちは。

   先日、ある経営者の方からメールを頂戴しました。
   「今日から私は新しい名前、○○○○になりました。よろしくお願いします」とありました。
   下の名前はもちろんのこと、苗字までもがまったく新しいものに変わっていたのです。

   ペンネーム、ビジネスネームなのか、本当に戸籍の名前も変えてしまったのかは分かりません。

  ●改名は昔から行われてきていて、古くは新約聖書のペテロがそうです。

   彼はキリスト・イエスに出会うまでは漁師をしていました。そのころはシモン(葦)という名で、
   イエスにこんなことを言っています。
   「主よ、わたしから離れてください。わたしは罪深い者です」。
   すると、イエスは「恐れることはない。今からあなたは人間をとる漁師になるのだ」とシモンに
   言っています。

  ●このあともイエスに付き従って、時々軽はずみにも意味のないことを口走ったり有頂天になった
   りするシモンですが、あるときイエスは、「あなたは今日からシモンではない。ペテロ(岩)だ」
   と新しい名を与えます。そこからペテロの伝道師としての新しく力強い歴史がスタートし、やが
   て大聖人の一人になるのです。
 
  ●名前こそ変えなくとも、古くて弱い自己像をたたきこわし、新しい自分像をつくったおかげで成
   功した人はたくさんいます。

   徳島県立池田高校野球部の元監督、蔦 文也(つた ふみや、1923年 - 2001年)さんもそのお一人
   でしょう。

  ●蔦さんは、昭和27年に池田高校の野球部監督に就任しています。以来、まったく無名の同校を、
   四国大会の常連校にするまでに10年を要しました。しかし、そこから悲願の甲子園初出場までには、
   もう10年の歳月を必要としています。いつもあと一歩、ここ一番というところで負けてしまうのです。

  ●後に相手校から "攻めダルマ" とおそれられる蔦監督も、50才台までは"あきらめの蔦"を自認して
   いたそうです。勝利の執念にまったく乏しい監督だったというのです。

   「私のようなお人好しタイプが大事な試合で勝てないのは当たり前だ。選手がミスを犯すのも、この
   性格が乗り移るからだ。甲子園まであと一歩と迫っても、この性格が運命を呼んでしまう。結局、負
   けるのは私の宿命なのだ。気の小さいワシが監督をしている限り、絶対に池田高校は甲子園に出場で
   きない」

   そう蔦監督は思いこんでいました。
   (『攻めダルマの教育論 蔦流・若者の鍛え方』ごま書房 より)

  ●実は当時、池田高校野球部は、存続か廃部かの瀬戸際に追いつめられていました。池田高校から商業
   科がなくなり、普通科一本になったからです。野球部生徒は、商業科が多かったため、おのずと野球
   部の存続はむずかしくなっていたわけです。

   そのラストチャンスともいえる年、奇跡はおきました。

  ●南四国大会決勝、徳島商戦。

   池田高校は初回いきなり0-3とリードされ、そのまま試合は淡々と進んでいきます。

   以下は、蔦監督の言葉です。

   ・・・
   「またか!」と嫌な予感が胸をよぎった。そして、「あー、もう負けた。もうあかん。」とベンチで
   私がつぶやいた。生来のあきらめの早さが出たのだ。なんといっても、『あきらめの蔦』と呼ばれる
   私である。
   そのときである。横にいた元木部長が怒鳴った。
   『イカン!蔦はん。勝負事は最後まであきらめたらイカン』
   『アホいうな。3対0で負けておるのに、どうして勝てるんじゃ。アカン、アカン。もう帰り支度じゃ」

   私はすっかり試合を投げてしまっていた。そうこうしているうち、ヒットエンドランが決まり、4番の
   峰川に中前タイムリーが出て2点入った。
   3対2だ。元木先生は、『みてみなはれ。ワシのいうとおりじゃ。こりゃいけまっせ。」

   4-4のまま延長へ。そして10回裏、サヨナラ勝ちした。」
   ・・・

  ●「性格というのは恐ろしい。強気でしっかりしている男は、他人にまで幸運をもたらす。私のように
   弱気な男は、逆に臆病が選手に伝わり、揚げ句の果てに、負けを呼び込んでしまう」
   蔦監督はこの日以来、自分の性格と向き合い、弱さを克服しようと性格改造に乗り出しました。

  ●シモン(葦)という本名から生来の気弱さを見抜かれ、イエスに「あなたは岩(ペテロ)だ」と言われ、
   後に大聖人となったシモン。

   「あきらめの蔦」が「攻めダルマ」に変身したのもある試合の体験から。自らの弱さと向き合い、それ
   を克服するのに才能や年齢は関係ありません。意思ときっかけがあれば、誰だってできるはずなのです。

  ●今月は上海でアジア大会があります。
   素晴らしい企画が練られ、今年も楽しみな大会ですが、そこに集う私たち一人一人が"ペテロ"や"攻め
   ダルマ"のように豹変する姿を見せつけられるのも大いなる楽しみではないでしょうか。
 
  ----------------------------------------------------------------

  ★経営者向けメルマガ『がんばれ社長!今日のポイント』(読者数30,101人)

   「まぐまぐ」メルマガ登録(無料) → http://www.mag2.com/m/0000041796.html

  ★武沢のFacebook http://www.facebook.com/nobuyuki.takezawa

  ----------------------------------------------------------------
  
---------------------------------------------------------------------------------------------

【2】 和僑会 知って得する海外ビジネス情報


 (1)あのグロービス経営大学院の堀義人氏が香港で講演します!!

    グロービスの堀さんが香港でMBAプログラムの説明会を行います。
    MBAにご興味ある方、堀さんにご興味ある方、この機会にいかがですか!?

    日時:11月10日(木)19時~(パシフィックプレイスにて)※英語での講演です。
   
    申し込み:http://www.globis.ac.jp/events/overseas/deans_hongkong.html
    詳細:http://www.globis.ac.jp/life/scholarship_loans.html
  
 (2)珠江デルタ地域法律速報Vo.17(10月14日発行 日本語版)
    広州和僑会会員、敬海法律事務所の澤村氏より、珠江デルタ法律情報が
     届きましたので紹介させて頂きます。
    コンテンツ:◆外商投資 ◆税務、保険 ◆その他

    詳細:http://www.jbn.com.hk/scheduler/upfile/313-1.pdf

 (3)香港インターナショナル・ワイン&スピリッツ・フェアのご案内

    いよいよ明日の11月3日から香港で上記展示会が開催されます。
    展示ブースには香港和僑会の会員も出展しておりますので、現地バイヤー
    の方は是非お立ち寄り下さい。

    会員の出展商品( 会社名:KAZU CORPORATION / ブース番号:3F-G08 )
     1.『日本の甲州ワイン』:http://www.jbn.com.hk/scheduler/upfile/312-1.jpg
     2.『九谷焼のワイングラス』:http://www.jbn.com.hk/scheduler/upfile/312-2.jpg
     3.『クリスタルのワイングラス』:http://www.jbn.com.hk/scheduler/upfile/312-3.jpg

    尚、香港和僑会のオフィスには展示会の無料招待状もございますので
    どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

    展示会詳細:http://hkwinefair.hktdc.com/dm/2011/potential/index_jp.html(英文)

 (4)「新潟・北陸フェア」in香港シティ・スーパー 開催のご案内

    この度、毎年恒例の「新潟・北陸フェア」を下記の通り開催いたします。
    福井のお米の他、へしこ(魚の糠漬け)、粉わかめ、とろろ昆布など、
    御飯のおともを取り揃えております。お近くにお越しの際は是非お立ち
    寄りください。

    1.開催期間  2011年10月28日(金)~11月17日(木)
     2.会  場  シティ・スーパー4店舗
             1)タイムズスクエア店、2)ハーバー・シティ店、
         3)IFCモール店、4)ニュータウンプラザ店
3.福井県の商品
       お米(コシヒカリ)、へしこ、粉わかめ、雲丹醤、鯛醤、
       打ち豆、おかき、とろろ昆布、お茶、ミネラルウォーター、
       梅ドリンク、イチジクドリンク
     4.福井県の販売促進イベント
(1)開催期間 10月28日(金)~30日(日)
(2)会  場 タイムズスクエア店
(3)回  数 1日3回程度
(4)内  容 ・福井県産コシヒカリの試食販売
          ・福井米を購入した方への若狭塗箸のプレゼント
       ・福井県産食材のPR

  □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 
   上記の海外ビジネス情報に関しましては下記までお問い合わせ下さい。
   また、『和橋ニュース』では読者の皆様より質問や感想を受け付けしております。
   素朴な内容でも結構ですので是非お気軽にお寄せ下さい!!
   質問・感想はこちら→和僑ニュース編集部(info@wa-kyo.org)

  □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
  
---------------------------------------------------------------------------------------------

【3】 和橋会おすすめの本『師匠の書籍(11月号)』

    ◇タイトル『この国を出よ』
    ◇著者   大前研一 柳井正
    ◇要約

    ※ 統計上「海外では働きたくない」という若者が、2010年に49%居る。
    競争のないところに進歩はないが、競争を極端に避ける日本の教育がこの様な若者を作り出した。

    ※ 現代は「答の無いもの」に取り組まなければいけないのに生徒にはテストのチェックのみ。

    ※ 教育は「自分で考える力を持たなければいけない」答えを見つけるだけの教育はいらない。

    ※ なぜ新興国が繁栄しているのか?
    巨額の「ホームレス・マネー」が、より高いリターンを求めるグローバル金融システムによって、
新興国へ向かう仕掛けができたのである。
世界のマネーの流れが先進国から新興国へと代わり、日本の産業の国際競争力は衰退していく。

※ 一人当たりGDPで日本を抜いたシンガポール、香港から学べ。
日本の税率は所得税40%、住民税10%合計50%。これでは人材は低税率国へ出て行く。
お金持ちは海外へ移動する。これがグローバル社会である。
政治家は税金を納めていない人の声を聞きたがる。得票率はそのほうが効率がいいから。
「金持ちから取れ」と言う議論になり、結果的に皆が沈んでいく。

※ 「サラリーマン」と「ビジネスマン」の違い。
「サラリーマン」は上司からの指示で動く。「ビジネスマン」は自らの頭で考えて動く。
「サラリーマン」を3年続けると自分で考える思考が減退する。
      
詳細はこちら:http://www.wa-kyo.org/book_01.asp?/123.html

---------------------------------------------------------------------------------------------

【4】 イベント・お知らせ

────────────────────────────────────
<日本>
──────────────────────────────────── 
(1)【東京】東京和僑会定期説明会 11/22(火) 15:00~17:00【NEW!!】
      ⇒ 詳細/申込:http://wa-kyo.net/ (和僑会ラウンドテーブル)

(2)【東京】忘年会&ミニワイン講座 12/8(木)19:00~
     ⇒ 詳細/申込:http://www.tyo-wakyo.com/events/bonenkai3/index.html
────────────────────────────────────
<中国>
──────────────────────────────────── 
(1)【北京】「一木(いちもく)の会」#10 11/3(木)12:00~14:00
     ⇒ 詳細/申込:http://wa-kyo.net/ (和僑会ラウンドテーブル)

(2)【東莞】第四回東莞和僑会 11/5(土)14:30~17:00
    工場見学:精密金型,プラスチック成型工場(東莞市長安鎮烏沙)
     ⇒ 詳細/申込:http://wakyo.holy.jp/dg

(3)【北京】「三木(さんもく)の会」#13 11/17(木)18:00~21:00
     ⇒ 詳細/申込:http://wa-kyo.net/ (和僑会ラウンドテーブル)

(4)第3回和僑アジア大会2011in上海 11/26 全日イベント
   テーマ:‘One ASIA, One WAKYO’
   「アジア大会」とは、年に1回世界中の和僑会メンバーが一ヶ所に
   集まり、会の方針決定と交流を行う場です。
   今回のコンセプトはズバリ【結果に繋がる交流】です!!
     ⇒ 詳細/申込:
・日本在住者         東京和僑会 www.tyo-wakyo.com
      ・海外在住者(中国大陸を除く)香港和橋会 www.wa-kyo.org
      ・中国大陸在住者       上海和橋会 www.sh-wakyo.com

(5)【北京】「一木(いちもく)の会」#11 12/3(木)12:00~14:00【NEW!!】
今年度最終の「一木会」となります。「三木会」に出席できない方にとっては
    忘年会ともなります。皆様奮ってのご参加を心よりお待ちしております。
     ⇒ 詳細/申込:http://wa-kyo.net/ (和僑会ラウンドテーブル)
────────────────────────────────────
<タイ王国>
────────────────────────────────────
(1)タイ王国和僑会定例会 11/17(木)19:30~22:00
     ⇒ 詳細/申込:http://wa-kyo.net/ (和僑会ラウンドテーブル)

(2)タイ王国和僑会早朝勉強会 11/19(土)6:30~8:30
   読書感想発表、短期目標・中期目標のコミットメントを行っています。
     ⇒ 詳細/申込:http://wa-kyo.net/ (和僑会ラウンドテーブル)

(3)クリスマスパーティー@タイ王国和橋会 12/14(水) 19:00~22:00【NEW!!】
⇒ 詳細/申込:http://wa-kyo.net/ (和僑会ラウンドテーブル)

────────────────────────────────────
<香港>
────────────────────────────────────
(1)第76回香港和橋会 12/16(金)19:00~22:30
⇒ 詳細/申込:http://wa-kyo.net/ (和僑会ラウンドテーブル)
------------------------------------------------------------------------------------------------

【5】 編集後記
 
  先日、日本の新聞記事の1面に自治体が中小企業を支援している記事が
  掲載されていました。
  日本には素晴らしい技術やサービスをもった企業が多数存在していますが
  今後は世界との競争の中で中小企業もグローバルな視野を持ち、世界に
  挑戦していく時代となってきております。
  
  先週は香港で開催されたエコ・エキスポ・アジアにて川崎市の団体と意見
  交換をさせて頂き、『市のネットワークと中国・東南アジアをカバーする
  和橋会のネットワークが相互に連携することで、中小企業の海外展開を後
  押しする新たな産業支援モデルが構築できると思います。』とのコメント
  を頂きました。

  今週は和橋会のオフィスに長崎県と福井県の海外視察ツアーのメンバーが
  お越し頂きます。引き続き、中小企業が世界で活躍出来る舞台を作って
  いきたいと思っております。(香港・高橋正浩)
  
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
  メールマガジン『和僑ニュース』

【和僑会の使命】
  和僑会は世界で起業する人、起業家を目指す人、企業のリーダーを目指す人、
  総ての『和僑』の人達の育成と支援に尽くす。また、世界の様々な中小企業
  との交流により和僑メンバーの事業発展に貢献するものである。     

【和僑会の理念】 
  1.和をもって貴しとなす。思いやりを持って人に接する。          
  2.共存共栄、相互扶助。           
  3.地域社会への貢献。

【発行】和僑会
【住所】Unit 605, 6/F., Nanyang Plaza, 57 Hung To Rd.,Kwun Tong, Kowloon, HK
【TEL】(852) 3153-1400 【FAX】(852) 3153-1499
【ホームページ】http://wa-kyo.net/(和僑会ラウンドテーブル)
【E-mail】info@wa-kyo.org

 当メールマガジンは「海外で働く日本人(和僑)を応援する」をテーマに毎週
 1回配信しております。よろしければ、お知り合いの方々にも是非おすすめ下さい。  
 登録、変更、解除、バックナンバーについては下記をご覧下さい。 
 http://www.jbn.com.hk/mmagazine.htm
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽