メルマガバックナンバー

海外で働く日本人(和僑)を応援する「和僑ニュース」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【Wakyo News】━━━

   海外で働く日本人(和僑)を応援する『和僑ニュース』 2011/7/6 (第136号)
        読者数 4,083名 (独自配信 3,961名・まぐまぐ配信 122名)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  当メールマガジンは「海外で働く日本人(和僑)を応援する」をテーマに毎週1回配信しております。
  ご登録は簡単ですので是非ともお知り合いの方々におすすめ下さい。 
  「まぐまぐ」登録はこちらから:http://search.mag2.com/MagSearch.do?keyword=%E5%92%8C%E5%83%91
   
   ホームページからも和僑ニュースが申し込めるようになりました!こちら:http://www.wa-kyo.org/        
===============================================
 
【1】 本日のトップニュース

  (1)インドネシア・ジャカルタの日系新聞『The Daily Jakarta Shimbun』(6月30日付)に
     和橋会が紹介されました。
     
     『進出企業に生の声を』インドネシア「和橋会」設立
     
     インドネシア和橋会には発足メンバーとして旅行、製造、金融、資源、飲食業などから
     約十人が集まった。
     今後はセミナーの開催やインドネシアの進出を考えている中小企業やベンチャー企業へ
     の支援などの活動を行っていく。
     資源関係の企業をインドネシアで営む事務局長の吉田育弘さんは、将来的にはインドネ
     シアのベンチャー企業とも協力し、「インドネシアでナンバー1のベンチャー団体を目
     指す」と強調。「ここに骨をうずめる『和橋』として、外から日本を支えていきたい」
     と語った。~掲載文より一部抜粋~
     
     掲載記事:http://www.jbn.com.hk/scheduler/upfile/293-2.pdf   

  (2)北京で発行されている週刊「北京ジャピオン」に「北京の和僑」第16回が掲載されました。

     私の使命は、応援する事!3つの事業を通じ、日本人の「頑張る環境」を応援したい
     オフィス学人 代表 森まなぶ(北京和橋会会員)

     25年間続けたサラリーマン生活に終止符を打ち、独立して開業する地に北京を選んだ
     森さん。「もっと多くの日本人に頑張って頂ける様、応援してゆきたい。」森さんの
     経営する「オフィス学人」が掲げている理念はとてもシンプルだ。

     掲載記事:http://www.jinta-mall.com/JA/lightbox2.04/product/170G-full-wakyokai_final.jpg

     尚、これまでの全ての誌面をご覧頂く事が可能ですので、是非ご覧ください。 
     http://www.jinta-mall.com/JA/wakyokai_japion.html
-----------------------------------------------------------------------------------------------

【2】 本日の特集 がんばれ社長!武沢信行氏からのメッセージ 2011年7月号
 
『社員満足向上に有効な一手』

和僑会の皆さん、こんにちは。

●ベストセラーを多数書いてきた著名経営者が率いるY社が今年3月、破綻しました。

社員満足度を高めるためにオフィスに金をかけ、社員用のバーやビリアード台まであって世間からも
注目される会社でした。しかし、その資金の出所はすべて借金だったようです。まさか売上の成長が
止まることなど、Y社長の頭のなかにはみじんもなかったのでしょう。なんと年商を上回る借金があり、
その大半が社員満足の向上のために使われていたといいます。

●そんなできごとがあった矢先のこと、「武沢さん、オフィスを増床したので見に来ませんか?」と
お誘いがありました。
株式会社ライブレボリューションの増永寛之社長からのメールでした。氏のオフィスは都内の一等地に
あり、上場企業がズラッと顔を並べる高級オフィスビル。ここで増床するとは、このご時世にたいへん
威勢のいい話です。

●訪問して更におどろきました。面積がほぼ2倍近くになり、当然家賃もその分だけ上昇。宇宙船の
船内にいるかのような内装の凝りようで、かなりの内装工事費がかかっているはず。
ひとしきり関心したあと、「ところで大丈夫なんですか?」と聞いてしまいました。

「資金ですか?うちは無借金ですから」と笑っていました。
Y社と似たようなことをされているようですが、問題はその資金の出所です。財務を重視し、自前の
キャッシュで投資している点でライブレボリューションの健全さがうかがえます。

●しかしそれにしても、この両社は表面的によく似ています。
若くて優秀な社員を多数抱え、社長は本を何冊か書いています。そして社員満足の高い経営をする
ために、社員が働くオフィス環境を整備することにお金を使ってきました。

そういう点においては非常によく似ています。ただ、業績が伴っているのがライブ社であり、業績の
伸びが止まったのがY社だということです。また自己資金で投資しているのがライブ社であり、
借金で投資してきたのがY社だということです。

●私は増永社長に「社員満足を上げる上で一番有効な施策はなんでしたか?」と聞いてみました。
するとこんな答えが返ってきました。

「当社はオフィス環境だけでなく、人事や待遇面でもかなり社員尊重の制度をつくってきました。
ですから、過去数年で入社した社員で辞めていった人は一人もいません。でも、そんな社員が
今でも一番喜ぶのは仲間からの称賛です。社内ネット(社内報)で、一人一人の社員が仲間から
褒められることを一番喜ぶのです」

●「LRタイムズ」と名づけられた社員専用のホームページがあるそうです。そこにログインして、
自分の名前で情報検索すると自分に宛てられた仲間からのメッセージが見つかるのです。

例えば、

「武沢さん、今日は企画書作成で困っていた私にアドバイスを下さり、ありがとうございました。
おかげで、あの後たった一時間で企画書がまとまり、明日のプレゼンに自信をもってのぞめます。
本当にいつも頼もしい武沢さんにはお世話になりっぱなしで、ありがとうございます!今度は
私にも何かお手伝いさせてくださいね!」

こんなメールが複数の人から何通も来ていた日には、帰り道の足どりは軽いでしょう。逆に、
誰からも何の称賛もなかったとしたら、もっと仲間に貢献せねばと発奮するでしょう。

●オフィス環境も給料水準も一度手にしてしまえばモチベーションアップの材料にはなりにくい
ものです。それよりも、毎日一緒に仕事をする仲間から誉められることが確認できるシステム、
案外そんなお金のかからない方法のほうが社員は喜ぶのかもしれません。

あなたが考える社員満足向上策はどのようなものでしょう。
また、そのアイデアを発展させていくと、家族満足向上策にも利用可能なアイデアが生まれてくる
可能性もあるのです。考えてみましょう。
----------------------------------------------------------------

★経営者向けメルマガ『がんばれ社長!今日のポイント』(読者数31,257人)

 「まぐまぐ」メルマガ登録(無料) → http://www.mag2.com/m/0000041796.html

★武沢のFacebook http://www.facebook.com/nobuyuki.takezawa

----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------------------------

【3】 インドネシア和僑会の応援団メッセージ(ジャカルタにて飲食店「鳥元」経営、吉武社長)

  タイトル:「インドネシア和僑会の発足式が鳥元ジャカルタにて!」 

  去る6月26日(土)に、インドネシア和僑会が発足しました。
  香港和僑会を中心に世界に広がる和僑会のインドネシアの支部の発足式の場所に、数ある
  レストランの中から、鳥元が選ばれたことは真に光栄です。

  実は、私、個人的に、ちょっとした思い出があります。1994年に日本の会社を辞め、イン
  ドネシア華僑の繊維メーカーに移籍することにしましたが、古巣の商社の紹介とはいえ、
  不安も大きいものがありました。

  当時、48歳。会社の同僚は、「もう48歳だぞ」とか「歳を考えたらどうか」と諭されま
  したが、「なに、まだ48歳だろう」と考え、決心しました。

  その翌年です。近鉄のエースだった野茂投手が、メージャーリーグのロスアンジェルス
  ドジャーズとマイナー契約を結んだのは。年棒1.4億円から年棒980万円のダウンですよ。
  野球一筋の野茂投手です。とんでもない大博打ですよね。

  私は、この華僑系インドネシアメーカーでは、毎月、決まったサラリーをもらえるという
  意味では、今までどおりのサラリーマンでしたが、気持のうえでは、ホームランやヒット
  が打てなければ、すぐにお払い箱になるという覚悟でしたね。
  つまり、日本の会社を辞める時点で、フリーエージェント宣言したわけです。半独立人間に
  なったのです。派遣社員宣言と言ってもいいですね。私も、私なりに勝負に出たわけです。

  私と野茂では、月とスッポン以上の違いがあるのですが、自分を鼓舞する意味で、野茂投手
  も私も、日僑だと自分で考えました。

  続きはこちらから:http://ameblo.jp/torigen-indonesia/day-20110630.html

-----------------------------------------------------------------------------------------------

【4】和僑会事務局からのお知らせ

  (1)上海和僑会より、2011年アジア大会概要の速報!!

   2011年11月25日(金)、26日(土)‘One ASIA, One WAKYO’をテーマに上海にて
   アジア大会が開かれます。

   第三回目になるアジア大会in上海のコンセプトはズバリ”結果に繋がる交流”です!!

   現在、経済活動の活発な上海において、私たち和僑会ができることは何だろうか?
   アジア中に広がっていきつつある和僑会のつながりを最大限活用するために、我々の
   ネットワークを強固にし、そしてそれぞれの活動場所でのフィードバックに繋げてい
   く事ができるように、今アジア大会においては和僑会員交流の時間を多く取りたいと
   考えます。
   また参加する方々すべてが情報、人的ネットワークなどをgive & takeの関係(相互付
   与の関係)でいられるように、挨拶だけに終わらない有意義な大会を目指します。
   なぜならば、今回のような大規模な交流会は殆どが表敬挨拶や名刺交換で終わってしま
   うことが多いからです。なのであくまでも‘結果に繋がる交流’をコンセプトとして
   内容の濃いアジア大会の企画を揉んでおります。

   そして、それは1つのアジア、1つの和僑となり、日本を各地域に広げていく事にほか
   ならないと考えます。

   【スケジュール】

   11月25日(金) 和僑会会員限定150名 / 会場 JADELINK HOTEL 
   午後 事務局会議
   夜  懇親会(全体交流会)

   11月26日(土) 和僑会会員+一般 限定250名 / 会場JADELINK HOTEL
   午前 基調講演
   午後 団体別ディスカッション
   夜  閉会食事会
   フィナーレパーティ / 会場 LIVEHOUSE MAO

   申込方法など、追って御連絡申し上げます。詳細は上海和僑会ホームページも参照下さい。
   一人でも多くの和僑の仲間と11月に上海でお会いできるのを楽しみにしております。


  (2)北京和僑会より、北京和僑会一周年記念パーティーのお知らせ 
     7月23日(土)に開催される北京和僑会一周年記念パーティーの全容が決定しました。

  【日時】2011年7月23日(土) 15:00開演(14:30会場)~21:00(予定)

  【場所】北京珀麗酒店(ローズデイルホテル北京)
  URL:http://www.rosedalebj.com/ja/rosedale.php

  【費用】北京和僑会会員250元、ゲスト会員300元、和僑塾塾生は150元となります。
       北京珀麗酒店宿泊とパーティー費用がセットの北京和僑会スペシャルプランもございます。  
       北京外からご参加されます皆様は、お得なスペシャルプランを是非ご利用下さい。

  <1泊プラン>
 1000元(スタンダードプラン・1室1名利用、朝食付)
 700元(スタンダードプラン・1室2名利用時1名様、朝食付)

  <2泊プラン>
 1400元(スタンダードプラン2泊・1室1名利用、朝食付)
 1000元(スタンダードプラン2泊・1室2名利用時1名様、朝食付)
 ※金額単位は人民元となります。
 ※エグゼクティブルームをご入用の方はその旨お申し付けください。
  金額については別途ご案内致します。
 ※2泊以上滞在予定の場合にも、お申し付けください。
  金額については別途ご案内致します。(※食事、お飲み物含む)

  【概要】
     [第一部]
       開会宣言、北京和僑会1年間の活動報告、映像(和僑総会会長挨拶)
      「野田村さくらまつり」現地画像報告、来賓ご挨拶 在中国日本大使館
      『どうなる3.11後の日中経済(仮)』
      [コーディネーター]三宅玲子氏(ライター)
      [パネリスト]王衆一氏(人民中国 編集長)
             小林史憲氏(テレビ東京報道局北京支局記者)
             松野豊顧問(清華大学・野村綜研中国研究中心、北京和僑会顧問)
             高山貴次理事(有薫一心餐飲有限公司総経理、北京和僑会理事)
     [第二部]
      「2011年和僑アジア大会in上海」の紹介
      「和僑の風になれ」 ジプシークイーン代表
       北京和僑会の会員紹介、参加者150名の大交流会    
       演奏会『チャイナ・ビューティの調べ』中国人女性奏者からなるユニット演奏
    
 【お申し込み・お問い合わせ】
    北京和僑会事務局 事務局長 益子知大
   HP address :http://www.bjwakyo.cn
   e-mail : info@bjwakyo.cn
-----------------------------------------------------------------------------------------------

【5】 イベント・お知らせ

────────────────────────────────────
<日本>
────────────────────────────────────
(1)【関西】華人経済経営研究会 7/12(火)19:00~22:00【NEW!】
     ⇒詳細/申込:http://wa-kyo.net/ (和僑会ラウンドテーブル)

(2)【東京】華人経営勉強会 海外進出ご相談会 海外進出事例発表会 7/13(水)14:00~19:00
      ⇒ 詳細/申込:http://wa-kyo.net/ (和僑会ラウンドテーブル)

(3)【東京】北京和僑会交流会&企業視察 7/22(金)~7/24(日)
      ⇒ 詳細/申込:http://wa-kyo.net/ (和僑会ラウンドテーブル)
────────────────────────────────────
<中国>
────────────────────────────────────
(1)【北京】北京和僑会設立1周年記念パーティー 7/23(土)9:00~17:00
     ⇒ 詳細/申込:http://wa-kyo.net/ (和僑会ラウンドテーブル) 

(2)【上海】交流会_商工会議所青年部交流委員会 7/26(火)15:00~20:00
     ⇒ 詳細/申込:http://wa-kyo.net/ (和僑会ラウンドテーブル) 
────────────────────────────────────
<タイ王国>
────────────────────────────────────
(1)タイ王国和僑会経理勉強会(第2回) 7/10(日)10:00~12:00【NEW!】
   内容:経営者のための決算書の読み方 ~入門編~
     ⇒ 詳細/申込:http://wa-kyo.net/ (和僑会ラウンドテーブル)

(2)タイ王国和僑会定例会 7/21(木)19:30~22:00
     ⇒ 詳細/申込:http://wa-kyo.net/ (和僑会ラウンドテーブル)
────────────────────────────────────
<香港>
────────────────────────────────────
(1)7月度八日会 7/8(金)12:30~14:00
    日本銀行香港事務所 テーマ:「最近の中国・アジア経済について」
    KEIHIN MULTI-TRANS (HK) LTD テーマ:「世界のコンテナ取り扱い量の推移について」
     ⇒ 詳細/申込:http://www.jbn.com.hk/scheduler/upfile/289-1.doc

(2)第72回香港和僑会 7/22(金)19:00~22:00
   テーマ「モチベーションはエンジン、如何に点火させるか!行動科学の応用事例に学ぶ」 
     ⇒ 詳細/申込:http://www.wa-kyo.org/advance_name.asp?/577.html
------------------------------------------------------------------------------------------------

【6】 編集後記

  先日、香港の和僑会オフィスにアメリカ・ロサンジェルスに約36年在住の
  日本人経営者がお越し頂きました。
  先月も18番目となる和僑会がインドネシアに設立されましたが、これからは
  いよいよ和橋の大先輩がいるアメリカにも和僑会が広がりつつあります。

  世界中の日本人が助け合い、世界で日本人が活躍出来る場所を作るため、
  海外在住の日本人で一緒に和僑会を作って頂ける仲間を引き続きご紹介下さい。  

  さて、来週からは上海和僑会からの連載を予定しております。
  どうぞご期待下さい。(香港・高橋)
   
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
  メールマガジン『和僑ニュース』

【和僑会の使命】
  和僑会は世界で起業する人、起業家を目指す人、企業のリーダーを目指す人、
  総ての『和僑』の人達の育成と支援に尽くす。また、世界の様々な中小企業
  との交流により和僑メンバーの事業発展に貢献するものである。     

【和僑会の理念】 
  1.和をもって貴しとなす。思いやりを持って人に接する。          
  2.共存共栄、相互扶助。           
  3.地域社会への貢献。

【発行】和僑会
【住所】Unit 605, 6/F., Nanyang Plaza, 57 Hung To Rd.,Kwun Tong, Kowloon, HK
【TEL】(852) 3153-1400 【FAX】(852) 3153-1499
【ホームページ】http://wa-kyo.net/(和僑会ラウンドテーブル)
【E-mail】info@wa-kyo.org

 当メールマガジンは「海外で働く日本人(和僑)を応援する」を テーマに毎週
  1回配信しております。よろしければ、お知り合いの方々にも是非おすすめ下さい。  
  登録、変更、解除、バックナンバーについては下記をご覧下さい。 
  http://www.jbn.com.hk/mmagazine.htm
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽