メルマガバックナンバー

海外で働く日本人(和僑)を応援する「和僑ニュース」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【Wakyo News】━━━

   海外で働く日本人(和僑)を応援する『和僑ニュース』 2011/3/30 (第122号)
       読者数 3,138名 (独自配信 3,049名・まぐまぐ配信 89名)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  当メールマガジンは「海外で働く日本人(和僑)を応援する」をテーマに毎週1回配信しております。
  ご登録は簡単ですので是非ともお知り合いの方々におすすめ下さい。 
 「まぐまぐ」登録はこちらから:http://search.mag2.com/MagSearch.do?keyword=%E5%92%8C%E5%83%91
===============================================
◇本日のメルマガの全文はこちらから:http://www.jbn.com.hk/mmagazine/2011_0122.htm

【1】 本日のトップニュース

  (1)和僑会として『災害復興支援プロジェクト』を立ち上げました。

    これまで和僑会では「東北地方太平洋沖地震」に対し、どのような支援が出来るのか、
    議論を重ねて参りました。今回の震災に対する復興には一時的なものではなく、長期的な
    支援が必要であると考えております。

    そこで、和僑会と致しまして『災害復興支援プロジェクト』を立ち上げ、和僑会の
    「共存共栄」「社会貢献」という理念の下、和僑会らしい支援活動をしていくことと
    なりました。今後のプロジェクトにつきましては和僑会のメールマガジンやホーム
    ページなどで情報を発信して参ります。

  (2)香港で集まった支援物資(衣料品、日用品など51カートン)が日本へ向けて出荷!!

    この度、香港和僑会の米山氏が中心となり、香港の市民の方々から頂いた支援物資の
    第一便が29日、無事に通関が終了致しました。

    本日30日の午前中には東京のB-Family Neoというボクシングジムの会長が立ち上げた
    格闘家の中心のボランティア団体にわたり、そのまま盛岡まで行く段取りとなります。

    まだ多くの支援物資は香港の倉庫にあります。一部は香港人の団体が集める支援物資と
    一緒に宮城県に行く予定になっています。香港市民の善意をなんとか日本に届けたいと
    思いますので引き続き皆様のご協力をお願い致します。
 
  (3)香港芸能界が大規模チャリティーイベントを開催!!

    香港芸能界が東日本大震災の被災者支援を目的に、4月1日に大規模チャリティーイベント
    「愛心無国界311燭光晩会(Artistes 311 Love Beyond Brothers)」を行うことが24日に
    発表されました。
    イベントのテーマ曲『不要輸給心痛』の中国語歌詞は宮沢賢治の名作『雨ニモマケズ』を
    元に作曲された。イベントは4月1日(金)午後19~22時、香港のビクトリア公園で
    開催される。

    イベントのテーマ曲『雨ニモマケズ』 
    【You Tube】http://www.youtube.com/watch?v=SooQIlusv8k   
-----------------------------------------------------------------------------------------------

【2】 本日の特集 ~香港特別行政区行政長官からのメッセージ~

   この度、香港和僑会のメンバーへ香港特別行政区の行政長官、ドナルド・ツァン氏より
   日本の皆様へ伝えて欲しいと下記メッセージを頂きました。原文を日本語に翻訳した内容と
   なりますが、大変素晴らしい内容ですので是非ご一読下さい。
   原文:http://www.jbn.com.hk/scheduler/upfile/273-1.doc

          「幸あれ、日本。」 香港特別行政区行政長官 曽 蔭権氏

   3月11日、日本で起きたマグニチュード9の地震は、大きな津波を引き起こしました。
   岩手、宮城、福島、茨城など、多くの沿岸都市は、あっという間に津波に飲み込まれ、数多くの
   ひとびとが、命を落としました。
   何年前かに起きた東南アジアでの津波の時とは異なり、今回の津波が、街や、田畑をのみこんで
   いく様子が、映像や写真によって、世界中に伝えられていきました。

   大自然が咆哮するとき、人類はとても小さな存在になってしまいます。
   この非情を日本だけでなく、世界が、深く感じました。

   日本には、こういう言い伝えがあるそうです。
   「地面の奥深くに大きな魚(ナマズ)が住んでいて、神様の監視が緩んだ時に、体を動かします。
   それが、地震を引き起こすのです。」
   現代にはこの言い伝えは通用しはしませんが、地震の予測は難しいので、考え方としてはあまり
   大差がないように思えます。

   この突発的に起こった巨大な変化に対して、日本人は秩序のある国民性を見せてくれました。
   これは、日本人の「天災に対する心構え」と関係しています。日本人は、建築物の防震対策だけで
   なく、心構えも十分にあったのでしょう。だから、この困難な時にも、冷静、団結、秩序、助け合
   いの精神を十分に発揮し、それが、世界の人々に深い印象を与えてくれました。

   地震があったその夜の東京は、交通機関が停止し、帰宅難民が駅の周りに押し寄せたにもかかわらず、
   秩序が保たれていました。
   公衆電話に整然と長い列を作り、自分の番の来るのを待っている人たち。
   誰から指示されたということもないのに、帰宅難民のために、場所を提供した学校や施設。
   物資の価格を上げることをしないばかりか、下げたり、無料で食糧を配ったスーパー。
   そして、自分の使っているダンボールを分け与えたホームレスの方たち。

   日本国民のこの種の行動は、集団精神から来ています。
   ひとりひとりが、独立した存在ではなく、社会の一分子だと認識し、お互いに助け合っているのです。
   この精神が、危機を迎えたときに非常に重要になります。
   ひとりひとりが、周りを気遣い迷惑をかけないように、そして、周りの大変さを軽減するための行動を
   とるということが、大きな問題を比較的簡単に処理できるようにしているのです。
   この滅私精神は、香港で2003年に起きたSARSで、危機的状況に陥った香港での行いでもあるのです。

   それとは反対に、社会が不安を持っているときに、その不安を増幅するような自分のことしか考えない
   人々もいます。先日、福島の核汚染の影響が香港にもやってくるという誤報が流れ、多くの市民を恐慌に
   陥れたというのがひとつの例です。

   この日本の災害に対して、私たちは無限の同情をするだけでなく、在日本香港総領事を通じて、いつでも
   援助させて頂きたいということを申し上げました。
   香港にとって日本は、昔から、良き貿易パートナーでもあり、文化交流も深い国です。
   香港在住の日本人は2万人を超えます。この困難な時に、私たちは一同となり、この状況の推移を見守り、
   日本に居る香港人の安全をも確保したいと考えています。

   地震と、津波の破壊力は巨大ですが、不屈精神と団結精神のある日本人はこの苦難を乗り越えることが
   できるだけでなく、立ちあがっていくことができると信じております。
   歴史を振り返れば、人類の文明は、建造、破壊、再び建造という過程のなかで成長してきています。
   また、困難を克服していく過程の中で、人間本来の強さと助け合い精神を見ることが出来ます。

   天災は、不測の事態。でも、人間は考えることができます。この出来事は社会と文明の発展に対して意義の
   あるものだと信じます。

   『唐山大地震』の時の締めくくりを最後の言葉にさせていただきます。

   明日に恵みを、
   人類に希望を、
   地球の未来永劫を、祈ります。 
-----------------------------------------------------------------------------------------------

【3】 和僑会 知って得する海外ビジネス情報

  1)資金繰りに関する情報

    平成23年3月末までに、『5号認定』というも のを市区町村から受ければ、保証協会が
    借入額の100%の額を保証してく れ、さらに市区町村によっては利子補給があったりと、
    かなり良い条件で金融機 関から融資を受けることが出来ます。
    ただしこの制度が23年3月末以降、サービス業 (飲食業・美容業等)が利用出来なくなります。
    今すぐに申し込めば3月末までに間に合うとの事です。
 
    【中小企業庁】http://www.chusho.meti.go.jp/kinyu/sefu_net_5gou.htm

    また、今回の震災で直接的又は間接的に被害を受 けた企業に対して政府系金融機関の
    『日本政策金融公庫』が、具体的に相談に乗って頂けるとの事です。
  
    【日本政策金融公庫】http://www.jfc.go.jp/c_news/news_bn/news230318.html
 
  2)雇用に関する情報

    雇用関係につきましては、『雇用調整助成金』が 震災による間接的要因でも申請することが
    出来るようになりました。
    簡単に言うと、売上があがらないので従業員を休 ませる。その分の給与を従業員の方に出せば、
    その分を国が補償してくれ る、というものです。

    【厚生労働省】http://www.mhlw.go.jp/general/seido/josei/kyufukin/a09-1.html

  3)中国・深セン華南城で第四回国際工博会(4/22~25)

    各地からバイヤーが集まる総合博覧会です。サンプルや資料だけを配置する委託出展も出来、
    とにかく中国進出の可能性を探るチャンスです。ご興味のある方は日本語資料もございますので
    メール(info@wa-kyo.org)にてお問い合わせ下さい。

    公式ウェブサイト:www.csc86.com/
-----------------------------------------------------------------------------------------------

【4】 和僑会 活動報告

  (1)アジアで活躍するアーティスト、“ジプシークィーン”が中国・貴州にて
     チャリティコンサートを開催!!

    貴州省貴陽の貴州大学では20日、日本のロックバンド「GYPSYQUEEN
    (ジプシークイーン)」が出演する「日中友好音楽会」を開催致しました。
    同バンドが四川大地震後、復興支援のため中国各地で続けるチャリティーコンサートの
    一環。会場には学生約1000人が詰め掛け、壁には東日本大震災の映像が流れた。

    毎日jp:http://mainichi.jp/select/opinion/suzuki/news/20110328dde012070040000c.html
    貴州TVのニュース:http://www.gzstv.com/Video/Play.aspx?

  (2)和みの会主催 第一回国際交流会 IN 上海レポート 

     和みの会ブログ:http://wakyonagominokai.seesaa.net/
     PDFデータ   :http://izmnet.co.jp/nagominokai/pdf/shanghai_report1.pdf

  (3)第43回 深セン和僑会 5周年記念イベント議事録

     http://www.szwakyokai.com/M_New_Info_Id02.asp?40.jsp

  (4)深セン和僑会の熨斗麻起子さんが日経ウーマンオンラインにも紹介されました。

     キャリアクリエイト部門 総合9位
     22歳で単身中国に渡り日本語講師を経て、飲料水会社の社長に。中国で売り上げ伸ばす。
     http://wol.nikkeibp.co.jp/article/column/20110221/110215/
-----------------------------------------------------------------------------------------------

【5】 イベント・お知らせ
────────────────────────────────────
<日本>
────────────────────────────────────
 (1)【九州】九州和僑会定期研修会 4/3(日)19:00~21:00
   ⇒ 詳細/申込:http://wa-kyo.net/ (和僑会ラウンドテーブル) 
 
 (2)【東京】第1回和僑国際交流視察in上海 4/23(土)~4/26(火)
   ⇒ 詳細/申込:http://wa-kyo.net/ (和僑会ラウンドテーブル) 

 (3)【東京】第5回和みの会定例会 4/26(火)17:00~22:00
       ⇒ 詳細/申込:http://wa-kyo.net/ (和僑会ラウンドテーブル) 
────────────────────────────────────
<中国>
────────────────────────────────────
 (1)【北京】「一木(いちもく)会」#4 4/7(木)12:00~14:00
     ⇒ 詳細/申込:http://wa-kyo.net/ (和僑会ラウンドテーブル)

 (2)【北京】「三木(さんもく)の会」#7 4/21(木)18:00~21:00
   ⇒ 詳細/申込:http://wa-kyo.net/ (和僑会ラウンドテーブル) 
────────────────────────────────────
<香港>
────────────────────────────────────
 (1)4月八日会 4/8(金)12:30~14:00【NEW!】
     ⇒ 詳細/申込:http://www.jbn.com.hk/scheduler/scheduler.cgi?mode=view&no=271

 (2)『日本語学習者のための合同就職説明会2011』4/10(日) 香港理工大学
⇒ 詳細/申込:http://www.jbn.com.hk/scheduler/scheduler.cgi?mode=view&no=269
------------------------------------------------------------------------------------------------

【6】 連載コーナー 香港和僑会会員 楊さちこの美容・健康法

◆*――――――――――――――――――――――――――――――――*◆
第103回【翌朝をいい顔でスタートするための3秒ポイント】

詳細はこちら:http://www.jbn.com.hk/mmagazine/2011_0122.htm
◆*――――――――――――――――――――――――――――――――*◆
-----*------*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*
■スカスカ肌もみっちり肌に!
  http://www.asian-cosme.asia/shopdetail/003006000053/
-----*------*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*

------------------------------------------------------------------------------------------------

【7】 編集後記
  
  2008年5月に発生した四川大地震から5年間、中国全土すべての省を大学
  中心にチャリティコンサートを行っている日本のロックバンド、ジプシークィーン。

  今回の東北地方太平洋沖地震に関しては復興に10年はかかるとも言われており、
  和僑会として『災害復興支援プロジェクト』を立ち上げ、一時的な支援ではなく
  和僑会らしい継続的な支援を行って参ります。  

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
 メールマガジン『和僑ニュース』

【和僑会の使命】
 和僑会は世界で起業する人、起業家を目指す人、企業のリーダーを目指す人、
 総ての『和僑』の人達の育成と支援に尽くす。また、世界の様々な中小企業
 との交流により和僑メンバーの事業発展に貢献するものである。     

【和僑会の理念】 
 1.和をもって貴しとなす。思いやりを持って人に接する。          
 2.共存共栄、相互扶助。           
 3.地域社会への貢献。

【発行】和僑会
【住所】Unit 605, 6/F., Nanyang Plaza, 57 Hung To Rd.,Kwun Tong, Kowloon, HK
【TEL】(852) 3153-1400 【FAX】(852) 3153-1499
【ホームページ】http://wa-kyo.net/(和僑会ラウンドテーブル)
【E-mail】info@wa-kyo.org

 当メールマガジンは「海外で働く日本人(和僑)を応援する」を テーマに毎週
 1回配信しております。よろしければ、お知り合いの方々にも是非おすすめ下さい。  
 登録、変更、解除、バックナンバーについては下記をご覧下さい。 
 http://www.jbn.com.hk/mmagazine.htm
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽