沖縄和僑会
カンファレンス2016
〜琉球から日本を変える〜

沖縄和僑会Conference2016
  日程:2016年9月29日(木) 14:00〜18:00
  場所:P’s SQUARE 5F会議室 浦添市西原2-4-1
  参加費:5,000円
14:00 代表者挨拶・事務局説明(PVT放映)
14:10  基調講演 迫 慶一郎氏(北京)
   「それでも中国に可能性はあるのか」
14:50 休憩
15:00 各地和僑セミナー〈各20分〉
 講師:黒川 治郎氏(プノンペン)
    熨斗 麻起子(深セン)
    小田原 靖(バンコク)
    関 泰二(シンガポール)
16:20 休憩
16:30 個別セッション(各講師5名との名刺交換会)
17:00 軽食懇親会(立食・軽食・ノンアルコール)
18:30 沖縄和僑会(会員限定)&登壇者懇親会
※場所を移して宜野湾マリーナでバーベキューパーティ
※参加費用は別途徴収
※会員以外でも、沖縄和僑会入会希望者は参加可能

参加事前チケットの購入はこちらから!

>>チラシ・申し込み用紙はこちら(PDF 1.4MB)

【主催】 一般社団法人沖縄和僑会
【お問い合わせ】
Tel:098-927-7207 Fax:098-993-7607 (担当 : 伊波)

和僑会とは

和僑会の精神

21世紀に入り、多くの産業が一国内で完結しえない時代、いわゆるグローバル経済の時代のなかにあると言えます。これは日本に限ったことではなく、諸外国も同様であり、最適化のために世界視野でアロケーションを検討するようになっています。


このような時代の中、多くの日本人も世界各地で活躍をするようになりました。昨今世界的にも注目を集めている中国ビジネス。その巨大な労働人口、消費市場が中国ビジネスを牽引していることは間違いないことですし、世界中から企業が集まっていることも事実であるといえるでしょう。


ただ、このような追い風のみが昨今の中華系企業の強みではないように私たちは考えています。それだけではないもの、それは何なのか?それは、中華圏に脈々と根付く人的ネットワークです。このネットワークこそが人、物、お金の流動性を上げ、経済の活力を底支えされているのではないでしょうか。


その世界中のネットワークに人、物、お金がのっていく、それらをみなで共有することにより相互補完、助け合いが成立しています。


私たちは、グローバリゼーションの時代に世界中で活躍している、日本人がネットワークをつくり、相互補完、助け合いの中で日本経済がますます活力あるものになるよう、世界の中で『日本』の価値が高められればと考えています。


和僑ネットワークは、世界で活躍する日本人どうしの架け橋、また日本と世界の架け橋になりたいと考えています。 

和僑会の大きな目標

多くの企業、人材がチャンスをつかみ、世界で活躍できること。和僑ネットワークはそういう場を提供します。日本が持つ強みを日本人である我々が共有し、伝承していける場になります。 

和僑会の未来

はじめの第一歩として、私たちは、母体である(香港華南起業家ネットワーク)の活動を通じ、(和僑ネットワーク)を具現化させます。そして次の一歩で賛同いただける輪が世界中に広がり、各地にできたネットワークどうしが、また大きなネットワークとして成長していけるよう提言と活動を続けていきます。